書籍

繁栄か衰退か 岐路に立つ日本

2012年12月12日(水)発売 / 税込価格:1,296 円

カートに入れる

原発、TPP、領土、財政再建、iPS細胞……、

今、我が国に起こっていることの本質は何か

――著者について
西村康稔  Yasutoshi Nishimura
昭和37年、兵庫県明石市出身、神戸大学附属明石中学校、灘高、東京大学法学部卒業。
通産省入省後、アメリカ・メリーランド大学院で国際政治学を学び卒業。平成11年通産省調査官を退官後、平成15年衆議院議員総選挙において初当選。20年外務大臣政務官。同年9月、47歳で自民党総裁選に立候補。以降、党改革実行本部副本部長、党政調副会長、党影の内閣 経済産業大臣、財務大臣等を歴任。現在、党選挙対策局事務局長、衆院経済産業委員会筆頭理事。金沢工業大学客員教授、日本オマーン協会会長等を務める。
著書に『新(ネオ)・ハイブリッド国家 日本への活路―3つの空洞化を越えて』(スターツ出版)、『生き残る企業・都市』(同文書院)、『リスクを取る人・取らない人』(PHP研究所)、『国家の生命線』(共著・PHP研究所)などがある。

目次

序章 危機の所在 ~衰退か再生か~

【コラム1】日本政治の漂流


第1章 孤立かグローバル化か

・「内をつなぐ絆」から「外に広がる絆」へ
・【コラム2】ロンドン五輪での「絆」
・漂流し、孤立する日本 ~ウラジオストクでの野田・クリントン会談~
・「原発ゼロ」の衝撃
・「オスプレイ」配備の混乱
・米国のアジアのパートナーは
・【コラム3】2050年に最も豊かな国は?

第2章 現実的・戦略的エネルギー政策

・安全性担保が最優先課題
・原発の再稼働を
・エネルギーの安全保障の視点 ~ホルムズ海峡封鎖の懸念~
・【コラム4】阪神・淡路大震災の教訓と世界一の神戸港の盛衰
・世界最先端の日本の原子力技術
・再生可能エネルギー買収制度
・ドイツ、スペインの教訓
・風力発電の決め手は洋上風力、送電網整備
・地熱発電、潮力発電、バイオマス発電への期待
・「シェールガス」革命が世界地図を塗り替える
・石炭を見直す
・スマートグリッドが変える未来の暮らし
・資源大国への道 ~海洋基本法の制定を機に~
・【コラム5】高田屋嘉兵衛翁の「海人魂」
・安全水域設定法
・【コラム6】日本の造船業の技術力
・メタンハイドレートへの期待 ~天然ガス100年分~
・エネルギーのベスト・ミックスを考える ~ポピュリズムに流されるな~
・気候変動問題への対応
・原子力事業のリスクと電力市場の自由化

第3章 我が国固有の領土を守る
~日米同盟の深化が急務~

・尖閣諸島を巡る経緯
・中国の主張に根拠はない
・1970年代以前の中国の対応
・最近の動き ~「チャイナ-1に」~
・「棚上げ論」、国際司法裁判所(ICJ)活用論
・大国・中国の進む道
・レアアース問題は克服したか
・竹島を巡る歴史的経緯
・慰安婦問題について
・北方領土をどう解決するか
・【コラム7】ソーシャルメディアの力
・日米同盟の深化
・宇宙分野での日米協力
・【コラム8】サイバーテロに挑むには
・武器輸出三原則の緩和、集団的自衛権の行使を
・【コラム9】アフリカのジブチに自衛隊の基地を設置 ~隔世の感~
・北朝鮮のミサイル実験

第4章 TPPを考える
~日本は自由貿易の中心になれる~

・TPP交渉に参加すべき ~TPP参加は、日本の孤立化を防ぐ~
・日本経済の起爆剤に ~日本が自由貿易の中心に~
・P4からTPPへ発展 ~21~29分野で交渉中~
・【コラム10】米の言うがままのTPP交渉には反対
・「決められない」WTOからFTA、EPAへ
・中国、ロシアが入らないとTPPは意味がないのか
・孤立か、自由貿易の中心か ~2国間(バイ)か多国間(マルチ)か~
・先行する韓国のFTA戦略
・米国の戦略
・日本のこれまでのFTAと自由化率
・TPP参加のメリット
・TPP交渉に臨む姿勢 ~関税撤廃の例外品目はどの程度認められるのか~
・農業・農村再生10年プラン
・コメの国際競争力
・【コラム11】目指せ、オランダ!
・労働力の流入や医療制度をめぐる誤解を正す
・ISDS条項はそんなに恐いものか
・タフな交渉と国民に丁寧な説明を
・【コラム12】被災地を大規模農業のモデル地域に

第5章 グローバル化を急げ

・新興国経済の行方 ~「デ・カップリング」のウソ~
・新興国リスクの顕在化
・【コラム13】欧州債務危機をどう見るか
・企業のグローバル化を急げ
・オーストラリア、カナダと連携強化を
・【コラム14】グルジアかジョージアか
・アジアと一体となって成長する
・【コラム15】シンガポールと一時期険悪な関係に……
・アフリカの世紀 ~長い目で必ずプラスになる日本の援助~
・【コラム16】中東の大事な小国 ~オマーンとヨルダン~
・中南米を忘れるなかれ
・【コラム17】反米・親日のオルテガ大統領

第6章 日本経済を立て直す

・日本の財政の現状
・財政再建の方法 (1)歳出を削減する
・財政再建の方法 (2)税収を増やす
・デフレから抜け出せない日本
・デフレでは円の価値が上がるから円高になる
・デフレ・円高は財政悪化の元凶
・1~2%のインフレと3~4%の名目成長
・実質成長率を押し上げるために
・供給サイドの再編も加速化
・「平成のルーブル合意」
・「社会保障と税の一体改革」
・なぜ、消費税か ~税収の安定性と小さい地域間格差~
・消費税の国際比較
・【コラム18】軽減税率導入の難しさ
・「高福祉高負担」か「低福祉低負担」か
・自民党と民主党の違い ~成長かばらまきか~
・国土強靭化200兆円の真実 ~3年間で15兆円の投資を~
・【コラム19】“集積”の発想

第7章 新しい産業を生み出す

・科学技術に資源の集中投資を
・アップルVSサムスンの争い ~技術よりデザイン~
・【コラム20】次から次へとスターが生まれる
・ノーベル医学・生理学賞受賞の山中伸弥教授のiPS細胞
・再生医療で日本は世界No.1になれるか
・リスクの高さに応じた臨床研究・治験の仕組みを
・【コラム21】山中伸弥教授と天野篤教授 その1
・沖縄を真の成長特区に ~エネルギーあふれる日本の中の“アジア”~
・沖縄で国際的人材を育てる
・【コラム22】山中伸弥教授と天野篤教授 その2 ~「神の手」と「神の眼」~

第8章 将来を担う人材を育てる

・自然の中で子どもを放牧せよ! 正月には凧揚げを!
・スクールカウンセラーの充実 ~子どもたちの駆け込み寺に~
・「貧困の再生産」の輪を断ちきれ
・奨学金のさらなる充実を
・大学のグローバル化が急務
・世界水準よりはるかに低い日本の教育予算
・30歳で子ども二人を持つ社会
・将来をイメージする「トライやる・ウイーク」、「トライアル雇用」
・「日本版コネクションズ」
・誰にでもチャンスがある国・日本
  ~「努力すれば報われる国」にするために~

おわりに ~マラソンブームの中で~

関連カテゴリ: 書籍 > 政治・社会

繁栄か衰退か 岐路に立つ日本

税込価格 1,296 円

カートに入れる

最近見た商品

  • まだ閲覧履歴がありません。

PRESIDENT STOREご利用ガイド
対象:書籍・雑誌バックナンバー・DVD・古典CD
※雑誌の予約販売・ギフトカタログ・料理道具は各サイト内の案内をご確認ください。

お支払方法について

代金引換の場合

クレジットカードの場合

※一部商品については増税前の税込価格となっており、商品に印字されている価格と実際の販売価格が異なる場合がございます。何卒ご了承ください。

本のお届けについて