書籍

中内功のかばん持ち

2013年08月31日(土)発売 / 税込価格:1,944 円

カートに入れる

かつての秘書が、いま解き明かす 
ダイエー創業者の素顔

流通革命を成し遂げた熱い想い、リクルート買収や福岡ツインドームシティ計画の舞台裏……。
ダイエーを日本一の企業グループに成長させた中内功とはどんな人物だったのか。
壮絶な人生観とユーモラスなエピソードを、最側近として仕えた筆者が説き明かす。


――中内さんが「恩地さ~ん」と口を開いた。ああ、この呼び方はやはり何か頼まれるなと直感でわかった。ちょっとはにかみながら「朝、洗面所で入れ歯を落としてなあ」と言いつつ、ティッシュペーパーに無造作に包まれた入れ歯を差し出し、「真ん中にひび入ってるやろ? 悪いけどなあ、最初の東海銀行は歯ァなしでいくから、その間にこれ直して(修理して)次の富士銀行の前で待っといてくれるかあ?」「……は、はい、承知しました」と言ったものの、そんな曲芸みたいなことができますかいな。――
(本文より)


中内さんはいろんな言葉を残されましたけれども、
その中で一番有名なのが「よい品をどんどん安く」
という言葉です。この言葉は小売業の永遠のモッ
トーなのではないかと思います。私どもも、過去か
らこの言葉を噛みしめて商売をやってきました。


――柳井 正 ファーストリテイリング会長兼社長
  「中内功氏を偲ぶ会」でのスピーチから

[著]恩地祥光(おんじ・よしみつ)

1954年大阪市生まれ。同志社大学法学部卒業後、1977年に株式会社ダイエーに入社。
中内功CEO秘書役・総合企画室長・経営企画本部長等を歴任。
入社5年目、26歳のときに秘書室に着任。“かばん持ち”として4年間、CEOの間近で仕える。その後、専務に就任した長男・中内潤氏の秘書役を経て、経営企画の分野に異動。リクルートやハワイ・アラモアナショッピングセンター買収などの大型M&A案件、ローソンの上海進出などの事業開発案件を手がける。一方で、社内組織に初のカンパニー制を導入。また、ローソンをはじめとする関連会社の上場準備に中心的な役割を果たす。
1998年、株式会社レコフ入社。2008年、COO・経営企画委員会メンバーを経て、2010年代表取締役社長に就任、現在に至る。

目次

はじめに

刊行に寄せて
「流通業のスターよ、永遠なれ」 柳井 正 ファーストリテイリング会長兼社長

1 “かばん持ち”前夜――ダイエー1兆円達成

2 秘書室着任、そしてご対面

3 ドタバタ“かばん持ち”のスタート

4 入れ歯と赤字決算

5 店巡回――カメラ、糖度計、ベータムービー……

6 CEO、フェスティバルホールに出演す!

7 学歴と“オネスト”――除籍から中退、卒業へ?

8 理念の人――稀代のコピーライターとしてのCEO

9 新しいモノ好き――時々言い間違い

10 オーナーシップ、そして事業承継

11 天邪鬼は福岡ドームにて極まれり

12 リスクマネジメント――「沢庵の尻尾齧ってでも……」

13 ハワイ大好き

14 リクルート“事件”――頭を掻きむしる江副さん

15 頼まれたら弱い!――ヤオハンとのM&A

16 中内さん初の黒字事業売却

17 汚れた顔の天使――ワーナー事業

18 戦争は絶対あかん

19 中内学校

20 生涯のライバル――堤清二さんとの共通点

21 最期

おわりに

関連カテゴリ: 書籍 > 人文・歴史・文芸

中内功のかばん持ち

税込価格 1,944 円

カートに入れる

最近見た商品

  • まだ閲覧履歴がありません。

PRESIDENT STOREご利用ガイド
対象:書籍・雑誌バックナンバー・DVD・古典CD
※雑誌の予約販売・ギフトカタログ・料理道具は各サイト内の案内をご確認ください。

お支払方法について

代金引換の場合

クレジットカードの場合

※一部商品については増税前の税込価格となっており、商品に印字されている価格と実際の販売価格が異なる場合がございます。何卒ご了承ください。

本のお届けについて