書籍

謎の村上春樹

2013年09月30日(月)発売 / 税込価格:1,512 円

カートに入れる

ハルキストも、そうでない人も、目からウロコの<最新>春樹論!

ノーベル賞、今年はとれるのか?
目からウロコの<最新>春樹論!

好き嫌いにかかわらず、気にせずにはいられないムラカミ小説の構造、
誰も書いたことのない村上春樹の「オタク」的実像、そしてムラカミを
都合よく誤読しつつアイドルに祭り上げてきた中高年ハルキストの功罪。
気鋭の文学者が春樹作品から読み解く現代日本ワンダーランド。

【著者イベント情報】
助川幸逸郎氏 公開講座開催のお知らせ

小社刊『謎の村上春樹』著者、助川幸逸郎氏が、読売カルチャースクール自由ヶ丘校で、書籍と同タイトルの講座を開催します。
日本の現役作家の中でもっとも著名で、ノーベル賞の有力候補ともいわれる村上春樹。他の日本の純文学作家と、彼はどこが違っているのか、海外でこれほど読まれている理由は何なのか――村上文学が、多くの人を引きつけ、話題になる秘密を探ります。

【場所】よみうりカルチャー自由が丘

【日時】10/11、11/8、12/13、1/10、2/14、3/14(第2週 土曜日)

13:00~14:30

>>詳細・お申込みはこちらから

[著] 助川幸逸郎(すけがわ・こういちろう)

1967年生まれ。早稲田大学教育学部国語国文学科卒業、早稲田大学大学院文学研究科博士課程修了。横浜市立大学ほかで講師をつとめる。授業や講演では、専門の日本文学だけでなく、映画史やファッション史、アイドル論など、幅広いテーマを扱っている。著書に『文学理論の冒険』(東海大学出版会)、『可能性としてのリテラシー教育』『21世紀における語ることの倫理』(ともに共編著、ひつじ書房)、『グローバリゼーション再審』(共編著、時潮社)、『光源氏になってはいけない』(小社刊)などがある。

目次

第1章 なぜ村上春樹の本は、好きでもないのについ買ってしまうのか?

第2章 なぜ『1Q84』には黒髪ロングヘア・スレンダー巨乳美少女が登場するのか?

第3章 村上春樹はアルマーニの服を実際に着たことがあるのか?

第4章 なぜオジサンは村上春樹を読んで「自分語り」をするのか?

第5章 なぜ龍はブレまくって、春樹はブレないのか?

第6章 なぜ春樹は早起きをして走るのか?

第7章 なぜ『ノルウェイの森』はバブル時代を象徴する小説となったのか?

第8章 なぜ春樹は授賞式でTシャツを着るのか?

第9章 なぜ春樹は「走ることについて語るとき」力むのか?

第10章 なぜ春樹は他人のトラウマを借りなくてはならなかったのか?

第11章 なぜ村上文学はノーベル賞を取りにくいのか?

第12章 春樹はこの先『ねじまき鳥クロニクル』以上の「悪」を描くことができるか?

第13章 なぜ春樹は日本文学界で独り勝ちになったのか?

第14章 2013年は父への「巡礼の年」だったのか?

第15章 なぜ多崎つくるは色彩を持たないのか?

第16章 なぜ春樹の父親は高校教師になったのか?

第17章 村上春樹はドストエフスキーになれるか?

第18章 なぜ春樹はノーベル賞を取ってはいけないのか?

参考文献

関連カテゴリ: 書籍 > 人文・歴史・文芸

謎の村上春樹

税込価格 1,512 円

カートに入れる

最近見た商品

  • まだ閲覧履歴がありません。

PRESIDENT STOREご利用ガイド
対象:書籍・雑誌バックナンバー・DVD・古典CD
※雑誌の予約販売・ギフトカタログ・料理道具は各サイト内の案内をご確認ください。

お支払方法について

代金引換の場合

クレジットカードの場合

※一部商品については増税前の税込価格となっており、商品に印字されている価格と実際の販売価格が異なる場合がございます。何卒ご了承ください。

本のお届けについて