書籍

セーラが町にやってきた

2002年12月12日(木)発売 / 税込価格:1,296 円

※ 申し訳ございませんが、只今品切れ中です。

春一番、セーラが町にやってきて、 創業250年の「造り酒屋」を再建、老舗の和菓子屋から、「小布施町ルネッサンス!」

 小布施はJR長野駅から、ローカル線の長野電鉄に乗り換え、北へ30分ほど行ったのどかな町だ。人口1万2千人のこの町を訪れる観光客は、88年に37 万人だったが、2000年には120万人と、何と町人口の100倍に達している。町おこしで話題を集める町村は全国にいくつもあるが、この小布施の集客力 は異例と言っていい。その目玉になっているのが、創業250年の造り酒屋「桝一市村酒造場」の酒蔵を改造した和風レストラン「蔵部」であり、その発案者で あるセーラ・マリ・カミングスという名のアメリカ女性である。  本書は、廃業寸前の造り酒屋の再建を手がけ、「人減らしなしのリストラ」で、売り上げを それ以前の20倍に伸ばし、また、「小布施ッション」などを催し、「小布施町ルネッサス」を演出、町に会社に、八面六臂の活躍をする「女カルロス・ロス ゴーン」「台風娘」の大活劇を密着取材、その素顔を初めて伝える注目の書き下ろし。
「セーラが日本を発見した。日本がセーラを発掘した。日本もまだまだ捨てたものじゃない」と著者は言う。ハウステンボスならぬ町おこしの本、あるいは人物 論、またキャリアアップの本、経営者論──いろんな読み方が出来る本だが、いずれにせよ、無類のおもしろさ、いま日本人に一番必要な、元気の出る本である ことは間違いない。
 なお、セーラ・マリ・カミングスは、「iモード」の松永真理、「ハリポタ」の松岡祐子に続き、「ウーマン・オブ・ザ・イヤー2002大賞」を受賞している。

[著] 清野由美きよの・ゆみ

ジャーナリスト。1960年、東京都生まれ。東京女子大学文理学部卒業後、草思社編集部に勤務。英国留学を経て「日経トレンディ」誌創刊に参加。91年まで同編集部に勤務の後フリーランスに転じる。国内外の都市開発、デザイン、トレンド、マーケティングなどを取材。また、時代の先端を行く各界の人物記事などにも力を注ぎ、「アエラ」「日経ウーマン」「ヴォーグ・ニッポン」などの雑誌や、「朝日新聞」「日経新聞」などを舞台に執筆活動を展開している。

目次

プロローグ 「ウーマン・オブ・ザ・イヤー2002大賞」を受賞

第1章 台風娘と小布施町
春一番、町に台風娘がやってきた!

第2章 「第3回 国際北斎会議」
葛飾北斎を、町起こしのシンボルに

第3章 長野冬季オリンピック
蛇の目傘、そしてアン王女と英国選手団

第4章 和食レストラン「蔵部」
ただ一人、社長に「ノー!」と言ってから

第5章 新酒「スクウェア・ワン」
アメリカ娘に、日本酒の開発ができるのか!?

第6章 桝一市村酒造場の大改造
台風娘、ハンマーを手に大暴れ!

第7章 社員そして取締役
ダメ社員?それともカルロス・ゴーン?

第8章 素顔の台風娘
「吉本」好きのフロンティア精神

第9章 木桶仕込み保存会&小布施ッション
「古き良き日本」を、守りたい、残したい!

エピローグ 台風娘は、今日も行く!!

関連カテゴリ: 書籍 > ビジネス

セーラが町にやってきた

税込価格 1,296 円

※ 申し訳ございませんが、只今品切れ中です。

最近見た商品

  • まだ閲覧履歴がありません。

PRESIDENT STOREご利用ガイド
対象:書籍・雑誌バックナンバー・DVD・古典CD
※雑誌の予約販売・ギフトカタログ・料理道具は各サイト内の案内をご確認ください。

お支払方法について

代金引換の場合

クレジットカードの場合

※一部商品については増税前の税込価格となっており、商品に印字されている価格と実際の販売価格が異なる場合がございます。何卒ご了承ください。

本のお届けについて