電子書籍

日本の論点

「消費税」「憲法改正」「景気対策」「TPP農業問題」 
ビジネスマンは、このレベルの知識を持ちなさい!

「本書で取り上げている論点は、
私にとっては目新しいものではない。
時代とともに新たな証拠が積み上がってきて、
論点が補強されるために、ときに
新鮮に映ることがあるかもしれない」

時代に通底する問題点をわかりやすく解説!

大前研一(おおまえ・けんいち)

早稲田大学卒業後、東京工業大学で修士号を、マサチューセッツ工科大学(MIT)で博士号を取得。マッキンゼー・アンド・カンパニー・インクを経て、現在(株)ビジネス・ブレークスルー代表取締役、ビジネス・ブレークスルー大学学長、ボンド大学経営学部教授。著書に『稼ぐ力』(小学館)『新装版企業参謀』(小社刊)ほか多数。
「ボーダレス経済学と地域国家論」提唱者。マッキンゼー時代にはウォールストリート・ジャーナル紙のコントリビューティング・エディターとして、また、ハーバード・ビジネスレビュー誌では経済のボーダレス化に伴う企業の国際化の問題、都市の発展を中心として拡がっていく新しい地域国家の概念などについて継続的に論文を発表していた。
この功績により1987年にイタリア大統領よりピオマンズ賞を、1995年にはアメリカのノートルダム大学で名誉法学博士号を授与された。 英国エコノミスト誌は、現代世界の思想的リーダーとしてアメリカにはピーター・ドラッカー(故人)やトム・ピータースが、アジアには大前研一がいるが、ヨーロッパ大陸にはそれに匹敵するグールー(思想的指導者)がいない、と書いた。
同誌の1993年グールー特集では世界のグールー17人の1人に、また1994年の特集では5人の中の1人として選ばれている。2005年の「Thinkers50」でも、アジア人として唯一、トップに名を連ねている。
2005年、「The Next Global Stage」がWharton School Publishingから出版される。本著は、発売当初から評判をよび、既に13ヶ国語以上の国で翻訳され、ベストセラーとなっている。
経営コンサルタントとしても各国で活躍しながら、日本の疲弊した政治システムの改革と真の生活者主権国家実現のために、新しい提案・コンセプトを提供し続けている。経営や経済に関する多くの著書が世界各地で読まれている。
趣味はスキューバダイビング、スキー、オフロードバイク、スノーモービル、クラリネット。
ジャネット夫人との間に二男。

目次

プロローグ

特別対談 01
「日本病」克服の唯一のカギとは?

――あえぐ日本の今と明日を徹底討論
ジャック・アタリ VS 大前研一

side A

Strategy 01
ケインズ以降のマクロ経済理論はもはや通用しない

――小さな楽しいアイデアをたくさん積み重ねて国民心理を盛り上げろ

Strategy 02
今、世界で本当に隆盛を極めている「クオリティ国家10」を見てこい

――スイス、デンマーク、フィンランド、シンガポール等々

Strategy 03
アベノミクスよりすごい景気対策がある

――「お金を使ったら人生は豊かになるし、子供や孫からも感謝される」という方向へ

Strategy 04
下請けなのに、なぜ台湾企業は強いのか?

――中国語、英語、日本語の三カ国語を操り世界のマーケットに通じている

Strategy 05
新しい「日本のお家芸」を探せ!

――アメリカと同じパターンで、日本も構造的な貿易赤字国になる可能性は非常に高い

Strategy 06
世界の滞在型旅行業は自動車産業より市場規模が大きい

――違和感だらけの「一泊二食付き」から脱却し、「滞在する」発想を持て

Strategy 07
「ヒット商品」が出ない本当の理由

――今、一番まともな生活をしているのは高校時代に成績が悪かったタイプ

Strategy 08
なぜ日本人は、かくも覇気がなくなったのか?

――諸悪の根源は「競争させない教育」にある

Strategy 09
「TPP農業問題」を解決するただ一つの道

――日本の企業や若い世代は、世界の農業最適地に飛び出せ

Strategy 10
うなぎ上りに膨れ上がる国民医療費

――「病気を定義」で病院への入場を制限し、救急車の利用は早く有料化すべき

side B

Strategy 11
憲法九六条は占領軍の最悪の置き土産

――日本人一人一人がゼロベースの憲法を自分で書いてみよ

Strategy 12
「都構想」「道州制」が世界マネーを呼ぶ

――新潟州が誕生すれば日本海側の中心地として繁栄が見込め、福岡都も面白い

Strategy 13
「日本版一国二制度」の始まり

――中国では統制経済と市場経済の共存で火を起こし、燎原の火の如く全国に広がった

Strategy 14
日本の地方分権はずっと足踏みしてきた

――足りない人材は世界中から補えばいい

Strategy 15
橋下徹大阪市長を嫌いな人は、なぜ嫌いなのか?

――反橋下派識者には二つのタイプがある

Strategy 16
これが本物の「官僚改革」だ

――身分保障制度に切り込むのはもちろん、根源的な存立理由を吟味し直すべき

Strategy 17
すべて腹芸と裏ワザで行われてきた外交交渉

――パンドラの箱が開いた今、政権は虚心坦懐に国民や周辺国と向き合え

Strategy 18
福島第一原発事故の本当の原因

――原子炉の設計思想にそもそも問題があった

Strategy 19
日本人の被曝恐怖症は、なぜこんなに偏っているのか?

――CTスキャン二回で年間限度を超えることもある

Strategy 20
知らないと危ない!「世界の宗教」の歩き方

――どんな国、国民にも琴線ならぬ“怒線”がある

特別対談 02
80歳でエベレスト登頂、偉業の裏側

――挑戦心があれば、病気もケガも逃げていく
三浦雄一郎 VS 大前研一

関連カテゴリ: 特集 > 大前研一の本

最近見た商品

  • まだ閲覧履歴がありません。

PRESIDENT STOREご利用ガイド
対象:書籍・雑誌バックナンバー・DVD・古典CD
※雑誌の予約販売・ギフトカタログ・料理道具は各サイト内の案内をご確認ください。

お支払方法について

代金引換の場合

クレジットカードの場合

※一部商品については増税前の税込価格となっており、商品に印字されている価格と実際の販売価格が異なる場合がございます。何卒ご了承ください。

本のお届けについて