書籍

新装版 真田幸村

2015年12月18日(金)発売 / 税込価格:1,512 円

カートに入れる

わずか約2500の軍勢で
3万8000の徳川大軍を翻弄し退けた
知謀の男とは何者だったのか!?

名著者たちの論考でその実態に迫る、
「日本一(ひのもといち)のつわもの」を読み解くためのアンソロジー。

[著]江坂 彰(えさか・あきら)

1936年、京都府生まれ。京都大学文学部卒業。東急エージェンシー関西支社長等を経て、84年に独立し『冬の火花――ある管理職の左遷録』で作家としてデビュー。著書に『冬の時代の管理職』『人材殺しの時代』『エリート冬の時代――古い忠誠心から新しい忠誠心へ』『新・和魂和才――ゆるやかで美しい成熟戦略』『歴史に学ぶ人間学――「逆風の時代」を生き抜く知恵とは』『心軽やかに老いを生きる』『50代でしておくべきこと してはならぬこと』ほか、共著に『撤退戦の研究』『信長 秀吉 家康――勝者の条件 敗者の条件』など。

[著]白石一郎(しらいし・いちろう)

1931年、釜山生まれ。早稲田大学政治経済学部卒業。57年『雑兵』で第10回講談社倶楽部賞を受賞して文筆生活に入る。87年『海狼伝』で第17回直木賞を受賞。著書に『幻島記』『島原大変』『蒙古の槍――孤島物語』『サムライの海』『海峡の使者』ほか。

[著]百瀬明治(ももせ・めいじ)

1941年、長野県生まれ。京都大学文学部卒業。『表象』同人、季刊『歴史と文学』編集長を経て、歴史を主対象とした著述業へ。著書に『日本型リーダーの魅力』『日蓮の謎』『大実業家・蓮如――親鸞を継ぎ日本最大の組織を創った男』『開祖物語』『名僧人物伝――日本的発想の研究』『信玄と信長 天下への戦略』『軍師の研究――将を支え、組織を活かす』『「適塾」の研究――なぜ逸材が輩出したのか』『ブレーンの力――武将の戦略を支えた名僧たち』ほか。

[著]土門周平(どもん・しゅうへい)

1920年、東京都生まれ。陸軍士官学校卒業(第55期)。戦車師団中隊長で終戦。防衛研究所戦史編さん官等を経て、著述業へ。著書に『最後の帝国軍人』『日本国家分断』『参謀の戦争――なぜ太平洋戦争は起きたのか』『勝者と敗者の判断――戦国武将にみる興亡の岐路』『戦う天皇』、訳書に『真珠湾は眠っていたか』ほか。

[著]南原幹雄(なんばら・みきお)

1938年、東京都生まれ。早稲田大学政治経済学部卒業。日活に勤務。75年退社し、作家生活に入る。73年『女絵地獄』で小説現代新人賞受賞。81年『闇と影の百年戦争』で吉川英治文学新人賞受賞。著書に『鴻池一族の野望』『暗殺者の神話』『御三家の犬たち』『北の黙示録』『神々の賭け』『覇者の決まる日』『御三家の黄金』『暗殺剣』『天地燃える』ほか。

[著]滝口康彦(たきぐち・やすひこ)

1924年、長崎県生まれ。高等小学校卒業。以後独学。郵便局集配員、運送会社事務員、兵役約1カ年、炭鉱鉱員などを経て、ラジオドラマ小説の懸賞当選を機に文筆業となる。直木賞候補6回。著書に『薩摩軍法』『拝領妻始末』『葉隠無残』『恨み黒髪』『主家滅ぶべし』『悪名の旗』『粟田口の狂女』ほか。

[著]新井英生(あらい・ひでを)

1933年、大阪府生まれ。早稲田大学文学部中退。文芸通信社記者を経て、文筆活動に入る。56年松竹大阪演劇制作室募集脚本に『おらんだ西鶴』入選。80年第10回池内文学奨励賞受賞。著書に『新選組の虚像と謎――幕末動乱を“誠”に殉じた男の軌跡』『実説元禄忠臣蔵』『明治幻奇伝』ほか。

(掲載順)

目次

序  功名心を捨てよ。人はそこについてくる○江坂 彰


第一章 「日本一のつわもの」真田幸村○白石一郎

ふしぎな「英雄」幸村/石田三成からの「密書」/父親と二人の息子/ 野望に燃える父とともに/上田城攻防戦での大殊勲/信之の嘆願で九度山へ流罪/ 老いる父親を見つめつつ/外柔内剛の常識家/秀頼からの使者/大坂城への入城/ 討死は覚悟のうえ/「稀代の横着者」の子として/与えられた「日本一のつわもの」の名


第二章 「戦争芸術家」の悲愴なる闘い○百瀬明治

「大坂夏の陣」最後の決戦/“悲劇の名軍師”真田左衛門佐/ 春日山から大坂への“人質”生活/神出鬼没の真田戦法/雌伏14年目に届いた至上の朗報/ 将に人なく兵は雑軍/退けられた幸村の積極作戦/討死は必至、されど/ 「真田丸攻防戦」での大勝/裸にされた大坂城/秀頼出馬の期待も空しく


第三章 「大坂夏の陣」一点集中突破の威力○土門周平

難攻不落の名城/豊臣譜代と応募浪人組/決戦地区をどこに選定すべきか/ 隘路進出に乗ずる案/五十人単位の斬り込み隊/幸村の真骨頂/奇想天外な浸透戦法


第四章 「不惜身命」六連銭の気概○南原幹雄

真田日本一の兵/真田一族の出自/武田に与する/六連銭の旗印の意味/武田氏の滅亡/ 昌幸、信玄の衣鉢を継ぐ/上田城の合戦/秀忠を上田城に釘づけ/燃ゆる六連銭


第五章 「表裏比興の雄」真田昌幸○滝口康彦

「表裏比興」は乱世の宿命/父「鬼弾正」幸隆から学んだもの/足軽大将・昌幸、川中島へ出陣す/ 真田の運命を変えた武田の滅亡/服属の変遷史に見る弱者の表裏/要害・上田城、完成す/ 上田城で三河衆の精鋭を迎撃/『三河物語』の記録/石田三成の挙兵と昌幸の選択/ 父と子が東西に袂を分かつ/秀忠、関ヶ原に参陣できず/信幸の命を賭した助命嘆願/ 昌幸、九度山に死す


第六章 上田城守備戦と「詭計」「謀略」○新井英生

敵味方に分かれた父子兄弟/秀忠軍三万八千到来す/詭計にはまった秀忠軍/ 真田と信濃忍者「突破」/巧妙な奇襲戦法/「楠木流」の戦法を駆使/ 袋のネズミとなった真田軍/昌幸・幸村、敵本陣を襲う/「秀忠軍」神川合戦の二の舞い/ ついに「関ヶ原」に遅れた秀忠


【附録】

真田氏系図

大坂冬の陣布陣図

大坂夏の陣布陣図

上野・東信濃地図

信州・上田への旅 真田幸村を訪ねて――六連銭のふるさとめぐり

真田氏 年表

関連カテゴリ: 書籍 > 人文・歴史・文芸

新装版 真田幸村

税込価格 1,512 円

カートに入れる

最近見た商品

  • まだ閲覧履歴がありません。

PRESIDENT STOREご利用ガイド
対象:書籍・雑誌バックナンバー・DVD・古典CD
※雑誌の予約販売・ギフトカタログ・料理道具は各サイト内の案内をご確認ください。

お支払方法について

代金引換の場合

クレジットカードの場合

※一部商品については増税前の税込価格となっており、商品に印字されている価格と実際の販売価格が異なる場合がございます。何卒ご了承ください。

本のお届けについて