書籍

逃げる自由

2016年05月31日(火)発売 / 税込価格:1,512 円

カートに入れる

ベストセラー『諦める力』続編

「こうあるべき」とか「こうせねばならない」
という呪縛から自由になるためには、
自分や他者を早めに、そしてこまめに
「がっかりさせておく」ことだと僕は思う。
つまり、独り歩きしている理想、目標、基準……
そんなものから距離を置いてみるということだ。

【著者イベント情報】
『逃げる自由』刊行記念
■為末大さんトークショー

※イベントは終了しました。
日時/2016年6月17日(金)19時~(開場:18時45分)
会場/ブックファースト新宿店 地下2階Fゾーン イベントスペース
参加方法の詳細はこちらをご覧ください。

■為末大さんサイン会&撮影会
※イベントは終了しました。
日時/2016年6月18日(土)12時30分~
会場/紀伊國屋書店ららぽーと豊洲店 特設会場
参加方法の詳細はこちらをご覧ください。

■為末大さんサイン会&撮影会
※イベントは終了しました。
日時/2016年6月18日(土)16時~(開場:15時45分)
会場/紀伊國屋書店ららぽーと横浜店 特設会場
参加方法の詳細はこちらをご覧ください。


[著]為末大(ためすえ・だい)

1978年広島県生まれ。陸上トラック種目の世界大会で日本人として初のメダル獲得者。男子400メートルハードルの日本記録保持者(2016年4月現在)。2001年エドモントン世界選手権および2005年ヘルシンキ世界選手権において、男子400メートルハードルで銅メダル。シドニー、アテネ、北京と3度のオリンピックに出場。2003年、プロに転向。2012年、25年間の現役生活から引退。現在は、自身が経営する株式会社侍のほか、一般社団法人アスリートソサエティ、株式会社Xiborgなどを通じて、スポーツ、社会、教育、研究に関する活動を幅広く行っている。著書に『走る哲学』(扶桑社)、『走りながら考える』(ダイヤモンド社)、『諦める力』『為末大の未来対談』(ともにプレジデント社)などがある。

目次

はじめに

第1部 為末大の悩み相談室

I 面倒くさい自分との付き合い方

仕事で「やりたいこと」がないのは悪いことでしょうか

 ▼ぴったりくるもの

「頑張りすぎず自分らしく生きる」ってどういう意味でしょう

 ▼あるべき姿

他人の期待に応えようと思うあまり疲れ果ててしまいます

 ▼自由と選択肢

うまくいかないことを全部自分のせいにしてしまいます

 ▼負け癖

人生で一度も女性と付き合ったことがありません

 ▼パニックに至るメカニズム

卒業アルバムに顔を載せられるのって嫌じゃないですか?

 ▼しょうがない

II 困った人たちとの付き合い方

虚言癖のある人と一緒に働いています

 ▼人気者とすごい人

同窓会で昔の友人に失望。そう感じてしまう自分にも失望

 ▼「当たり前」の摺り合わせ

陰謀論やコアな論客にうんざりしています

 ▼いつも怒っている人

「自然」を掲げる保育園の方針についていけません

 ▼閉じられた世界は弱くなる

III 家族の悩み、お金の悩み

高校生になっても母親と一緒に寝たがる息子

 ▼アンラーニング

お父さんに認められなくて苦しいです

 ▼記憶について

病弱な夫を抱えたゆとりのない生活に絶望しています

 ▼人生を引き受けるということ

気づけば独身のまま四十代。親孝行のためにも結婚したい

 ▼多様性を担保する

中学生のいるシングルマザーですが、パチンコがやめられません

 ▼目標までの距離とパフォーマンス

IV 職場の人間関係

部下のためを思ってつい厳しくしすぎてしまいます

 ▼褒められることの恐ろしさ

お局様がスマホを使わず辞書と虫眼鏡を使えと言ってきます

 ▼負けられない人

部下が何かにつけ「パワハラ」と騒ぎたてます

 ▼惚れたら負けよ

誰の得にもならないのに人を攻撃する人が多すぎる

 ▼嫌いなことと一体感

V キャリアの問題

知名度で就職先を選んでしまったことを後悔しています

 ▼知ることのリスク

憧れの仕事があるが、行動を起こせぬまま10年たってしまった

 ▼実験と無責任

過去の栄光が忘れられず、キャリアに行き詰まっています

 ▼スランプのしのぎ方

アカデミー賞を取る夢、諦めたほうがいいですか?

 ▼象徴型リーダーと実務型リーダー

「安定が大事」ってどういう意味ですか?

 ▼自滅しがちな想像

お金が十分にあっても働きますか?

 ▼「働く」ということ──新年のご挨拶

第2部 意味を求めない生き方

【特別対談 みうらじゅん×為末大】

「ハードルの高さ」に意味はない

敗北と気づきはセットである

「飽きていないふり」をする

本当に好きかどうかなんてどうでもいい

レッツゴー不自然!

スポーツは案外「ギリギリなこと」をやっている

「オリンピッ会」をやろう

「感動」を求められる人生は生きづらい?

「実はあの人……」と思われたい

「本当は走りたくなかった」と言ってみる

為末大がいつもフクロウのブローチをつけていたら?

世間はとにかく安心したがっている

違和感から世界観が生まれる

超人と変態は紙一重?

おわりに

関連カテゴリ: 特集 > 心と体のセルフケア

逃げる自由

税込価格 1,512 円

カートに入れる

最近見た商品

  • まだ閲覧履歴がありません。

PRESIDENT STOREご利用ガイド
対象:書籍・雑誌バックナンバー・DVD・古典CD
※雑誌の予約販売・ギフトカタログ・料理道具は各サイト内の案内をご確認ください。

お支払方法について

代金引換の場合

クレジットカードの場合

※一部商品については増税前の税込価格となっており、商品に印字されている価格と実際の販売価格が異なる場合がございます。何卒ご了承ください。

本のお届けについて