書籍

新装版 禅と陽明学・上

2016年10月17日(月)発売 / 税込価格:1,836 円

カートに入れる

仏教と儒教、
人生にどう活かすか

[著]安岡正篤(やすおか・まさひろ)

明治31年(1898)、大阪市生まれ。
大阪府立四條畷中学、第一高等学校を経て、大正11年、東京帝国大学法学部政治学科卒業。東洋政治哲学・人物学の権威。既に二十代後半から陽明学者として政財界、陸海軍関係者に広く知られ、昭和2年に(財)金鶏学院、同6年に日本農士学校を創立、東洋思想の研究と後進の育成に従事。戦後、昭和24年に師友会を設立、政財界リーダーの啓発・教化につとめ歴代首相より諮問を受く。58年12月逝去。
〈主要著書〉「支那思想及び人物講話」(大正10年)、「王陽明研究」(同11)、「日本精神の研究」(同13)、「東洋倫理概論」「東洋政治哲学」「童心残筆」「漢詩読本」「経世瑣言」「世界の旅」「老荘思想」「政治家と実践哲学」「新編百朝集」「易学入門」
〈講義・講演録〉「朝の論語」「活学1~3」「東洋思想十講」「三国志と人間学」「運命を創る」「運命を開く」ほか。

目次

第一章 禅の先駆「ヨーガ」

佛教の兄弟「ヨーガ」/古代インドの宗教/宗教の哲学化

ヨーガの五段階/無明・欣・厭/梵神の象徴〈●〉※口の右に奄

師資相承/玄牝/十二因縁

四諦/三学/六度

諸教帰一/禅心/三昧と神通

不浄観と安般念〈数息観〉/禅観/人生の四期

バラモン階級の行き詰まり

第二章 釈迦が徹見したダルマ〈法〉

釈迦の大悟/階級の否定/釈迦の達観

佛法と王法/釈迦の本領/ダルマ〈法〉

三欲・五濁/劫濁/衆生濁・命濁

煩悩濁の五濁/見濁五見/釈迦佛教の大眼目

第三章 大乗と小乗││「大学」と「小学」

拈華微笑/三蔵の結集/大乗と小乗

小乗の形式主義/上求菩提・下化衆生/出家道に徹する小乗

聖徳太子の英断/釈迦の神聖化/釈尊を心の中に生かす

灰身滅智/心の自在三昧こそ涅槃/「大学」と「小学」

声聞・縁覚・菩薩/諸法空相/般若経

諸法実相/即身成佛/小乗の悟力

一乗妙法/須弥山説/四天王

天主閣/有頂天

第四章 佛教と老荘思想

佛教伝来時の中国社会/現実逃避/黄崖教の乱

桃源郷/竹林の七賢/安世高・支讖・康僧会

曇摩迦羅・朱士行/竺法護・佛図澄

第五章 梁の武帝の狂信

魏晋南北朝時代/五胡十六国/玄儒文史

梁の武帝/武帝の狂信/梁の滅亡

六朝文化人の弱点/歴史は将来を暗示する/佛教の功徳

第六章 達磨の正覚││二入四行論

自己と真理の冥符/報冤行/随縁行

無所求行/称法行/達磨禅の後継者

学問上の随縁行

第七章 禅と老荘

「易」の思想/時中/「陽」を建前とする儒教

「陰〈統一・含蓄〉」を建前とする老荘/玄徳/黄色の神秘

老荘流人間完成の九段階/老荘流の考え方

老荘流の政治家・庚桑楚/双葉山と木鷄

聖道門と浄土門/難行道と易行道

第八章 木鷄と木猫││禅の要諦

木鷄/男谷精一郎/木猫

道器一貫/主一無適/庖丁の話

第九章 東洋文化の本源││「天」の思想

「遊」の思想/「優」という字/法の意義

天の思想/玄牝/天人合一

万法帰一/人心は天心/本当の人間ほどつぶしがきく

東洋的人格論/道を忘れて器に走る/職業教育の弊害

公、卿、大夫の職責/撥乱反正/創業垂統

継体守文/因循姑息/撥乱独裁

ヒットラーとムッソリーニ/国民政治の四患「偽・私・放・奢」

生命衰退の原理/佛教・老荘・儒教の合流

第十章 末法の世の民衆佛教││三階級と地蔵信仰

機慧・敏慧/総持/曼陀羅/信行と三階教

地蔵信仰/地蔵の十益/常不軽菩薩行

末法の世の佛法/白蓮教/一燈照隅

第十一章 儒教の真精神││隋の文中子

王通〈文中子〉/名、字、諱、諡の区別

王通の父〈王伯高〉/隋の文帝/儒教の生命

至公血誠/天下を以て一民の命を易らず/房杜・姚宋

数/主に仕える難しさ/遠ざけて疎んぜず、近づけて狎れしめず

三有七無/政治家の資格/非義を卜せず

儒教の真面目/聖道門と浄土門/諸教帰一

第十二章 達磨正伝の禅風〈I〉

唐の太宗/中国の三大帝王/達磨の真骨頂

無生法忍三昧/如来と如来蔵/三十二相

即身成佛/転輪聖王/二祖慧可

万法一如、身佛無差別/三祖僧粲/四祖道信

五祖弘忍/六祖慧能/偈

慧能の偈/獅子岳快猛/曹洞宗

南頓北漸/禅の変化

第十三章 達磨正伝の禅風〈II〉

教外別伝・不立文字の真意/無相の智慧/実存即菩提

直心/瀉瓶/頭陀派と教化派

野狐禅/神秀と慧能/荷沢神会

第十四章 禅と則天武后

稀代の女傑/婦徳の典型・文徳皇后/残虐な計略

天皇・天后/狄仁傑/則天大聖皇帝

武后の淫虐/棒・喝の始まり/北宗の不運

宮廷クーデター/唐王朝の腐敗/頽廃の中の篤信

第十五章 六祖慧能の禅

六祖壇経/佛は人間〈吾〉を超越した存在ではない

無相と無念/一行三昧

第十六章 禅の真髄││百丈懐海

石頭希遷/頼山陽、橋本左内、幸徳秋水の例/青原行思

南岳懐譲と馬祖道一/馬祖の「喝」/平常心是道

百丈懐海/独り大雄峯に坐す/一日不作、一日不食

不落因果、不昧因果/禅修行の組織化/安禄山の乱

諸教は帰するところみな同じ

関連カテゴリ: 特集 > 心と体のセルフケア

新装版 禅と陽明学・上

税込価格 1,836 円

カートに入れる

最近見た商品

  • まだ閲覧履歴がありません。

PRESIDENT STOREご利用ガイド
対象:書籍・雑誌バックナンバー・DVD・古典CD
※雑誌の予約販売・ギフトカタログ・料理道具は各サイト内の案内をご確認ください。

お支払方法について

代金引換の場合

クレジットカードの場合

※一部商品については増税前の税込価格となっており、商品に印字されている価格と実際の販売価格が異なる場合がございます。何卒ご了承ください。

本のお届けについて