書籍

IT心理学

2016年10月31日(月)発売 / 税込価格:1,620 円

カートに入れる

「根性論」で経営するのは、もうやめませんか?
武器となるのは「IT]です。

[著]小山昇(こやま・のぼる)

1948年山梨県生まれ。東京経済大学を卒業し、76年にダスキンの加盟店業務を手掛ける日本サービスマーチャンダイザー株式会社(現在の武蔵野)に入社。77年に退職し、貸おしぼり事業を手掛ける株式会社ベリーを設立。その後、87年に武蔵野に再び入社し、89年には社長に就任する。90年から92年まで株式会社ダスキンの顧問も務める。赤字続きの「落ちこぼれ集団」だった武蔵野で社長として経営改革を断行。
2000年、2010年と国内で初めて日本経営品質賞を2度受賞する優良会社に育て上げた。その経験をもとに、現在600社以上の会員企業の経営指導を手掛け、「実践経営塾」「実践幹部塾」など、全国各地で年間240回の講演・セミナーを行う。現実に即し、人間の本性をとらえた組織作りのノウハウには定評がある。
主な著書に『増補改訂版 仕事ができるひとの心得』(CCCメディアハウス)、『絶対に会社を潰さない社長の時間術』(プレジデント社)、『5千人の社長がすでに始めているテキトー経営』(パプラボ)などがある。

目次

まえがき

第1章 社員の残業を減らしたければ「IT」に頼りなさい

01 ITアレルギーを捨てることからすべては始まる!

▼時代遅れの「竹やり」では残業を減らせない

02 「iPad×LANSA」で隙間時間を最大限に活用しよう

▼仕事はオフィスじゃなくてもできる

03 IT化によって内勤の仕事を営業マンにやらせる

▼内勤の仕事は営業にやらせる

▼管理業務をIT化して総務の仕事をスリム化

04 スケジュール管理ソフトは明日にでも導入し、定着させよ!

▼スケジュール管理ソフトは嘘八百でいい

05 “情報量の制限”が人件費の節約よりも重要な理由

▼「情報量は多いほどいい」は間違い

06 際限なくITツールを使わせると残業は減るどころか増えていく

▼ITは夜間禁止。家に仕事を持ち帰らせない

07 施錠時刻のデータを分析してサービス残業をあぶり出そう

▼“隠れ残業”は警備会社と連携してチェック

08 トップダウンとボトムアップの両輪で残業をなくしていく

▼現場の残業対策は横展開で広げる

09 休日出勤も出張期間も制限する「仕組み」をつくる!

▼休日出勤は家庭の不和のもと

10 「セールスパフォーマー」で見える化すると残業が減る!

▼「見える化」して競わせれば残業が減る

第2章 「IT×心理」で売上を伸ばす

11 iPadの位置情報(GPS)は売上に大きく関わる

▼IT活用の大きなメリットは「売上を伸ばすこと」

▼クレーム対応に役立つiPadのGPS機能

12 ITによる情報の共有が現場でのクレーム対策に有効!

▼情報は人にではなく、お客様につける

▼自社開発ソフト「マイページPlus」で効率よくお客様管理

13 PHSは1人1台でも担当コースにつき1台にしている

▼情報を人と切り離せば、異動が自由自在に!

14 情報は「見える化」されることで社長にとって有効なものになる

▼社員を信用する“いい”社長は、“E”社長

15 データネイチャーによる分析を現場の人間にやらせてみよう

▼データ分析は現場の社員にやらせる

16 「データ分析×心理」を仕組みに落とし込むと金の卵になる

▼データを活かして営業の仕組みをつくる

17 ネットワークカメラでお客様の不満を取り除こう!

▼なぜコールセンターでお客様を逃さなくなったのか

18 「データ分析」は伸びている事業や商品に利用する

▼売れない商品を分析しても意味がない

19 ホームページは新卒採用にもお客様の信用形成にも利用できる

▼ホームページも環境整備しなさい

▼ホームページの改善はデータ分析が9割

20 SNSで書いてもいいこと・絶対に書いてはいけないこと

▼SNSを使う社員が守るべき二つのルール

第3章 人の「心理」がわからない社長は「IT」で失敗する

21 「LINE大好き!」な若い人たちに出す処方せん

▼人と接する場面でITを使ってはいけない

22 IT時代だからこそ社員の心に響く「ハガキ」を使う

▼なぜ社員一人一人にハガキを出すのか

▼1枚3分! ハガキを手書きにする理由

23 コピー&ペースト(コピペ)を賢く利用しよう!

▼結婚式の祝電の5割は使い回しでいい

24 たくさんの就活生を集められる「いけいけナンバー」とは?

▼デジタルとアナログの組み合わせで就職セミナーが盛況に

▼就職説明会にエントリーした学生にはハガキを送る

25 社員教育はアナログの積み重ね。Eラーニングはオススメできない

▼社員教育は徹底的にアナログでやる

26 交通機関のEチケットは必ずプリントアウトしておくべき

▼切符はネットではなく「みどりの窓口」で買え

27 経営者としての決断力は「経験」によってのみ磨かれる

▼ITに頼りすぎると、経営に必要な「勘」が鈍る

28 危険な運転を余さずチェックする「テレマティクス」に感謝!

▼社員の安全はデジタルとアナログで二重に守る

第4章 「IT投資」には儲かるツボがある

29 システム担当者の「言い訳」には疑いの目を持つべき

▼新システムに1億円を投入したワケ

30 大局観を持ってIT投資を判断すべき明確な理由がある

▼時代の変化についていけない社長は淘汰される

▼歴史を見れば「パソコンからタブレットへの移行」に頷ける

31 IT化の3段活用は知ること・見ること・触ること

▼まず「知る」ことにお金を使え

32 重なる挫折のおかげで生み出せた納得のいく自社開発ソフト

▼失敗するからITスキルは上達する

33 必要なIT投資はまとめて行うと割安にできる

▼IT投資に「もったいない」は禁句

▼買い替えコストを抑える努力も怠らない

34 早すぎも遅すぎもダメ! その見極めが社長の重要な仕事

▼IT導入は早すぎるとダメ。遅いともっとダメ

35 IT投資に携わるシステム担当の最適な人材とは

▼現場を知らない社員をシステム担当にしてはいけない

36 よくわからないプログラマーの仕事を評価するただ一つの方法

▼プログラマーの仕事は、「質」ではなく「量」でチェックする

37 新システムの導入はスモール&未完成のままスタート

▼システムは小さく始めて大きく育てる

▼自社開発システムは未完成のままスタートさせる

38 「業者やプロに丸投げ」。これだけは絶対にやめよう!

▼自社でやるのは85点まで。100点にするのはプロに任せる

39 習慣を変えたくない社員に新しいシステムを使わせる仕掛け

▼前のツールを捨てないと、社員は新ツールを使わない

▼新しいシステムの導入に必要なのは「改善」ではなく「革新」

40 IT投資の成功のカギは「理屈抜きで便利さを感じさせる」こと

▼社員に裏側の仕組みを理解させる必要はない

41 IT投資で効率アップを図るなら全員参加がゼッタイ!

▼最新の高度なシステムよりも全員が使えるシステムのほうを使え

▼一番デキの悪い社員を先生役にせよ

42 ツールに慣れさせるためなら不純な動機もゲームも容認する

▼ツールを使う動機は不純でいい

43 同じITツールを導入しても同じ効果が得られるとは限らない

▼会社が違えばツールの効き目も違う

第5章 デキる社長はITツールを5台、持ち歩く

44 「スマホは1台で十分だ」。これほどリスキーなことはない

▼なぜ、つねにITツール5台を持ち歩くのか

45 携帯電話の電話帳を最大限に使いやすくする方法

▼携帯電話は「かける専用」と「受ける専用」の2台持ち

46 「業務報告=ボイスメール」「日報=A4一枚」にする理由

▼報告は「紙」と「ボイスメール」で

47 簡単にメールをつくれるアプリ「Captio」とは?

▼iPhoneでメールを読み、タブレットで返事を書く

48 ここぞというときに使うネタを「ザウルス」の中に仕込んでおく

▼なぜ生産中止になったザウルスをいまも使っているのか

49 一般社員には何台のITツールを持たせる?

▼社員にもITツールを「複数使い」させる

第6章 「エナジャイザー」で社員のキャラを把握せよ

50 社員の心理を手っ取り早く把握する「エナジャイザー」とは?

▼社員の能力や適性を丸裸にするエナジャイザー

51 採用試験でも人事戦略にもエナジャイザーが効果的な理由

▼能力の高い上司と低い部下を組み合わせてはいけない

52 「管理職」に向いている人の特性、「営業」に向いている人の特性

▼気配りできる優しい人は管理職に向かない

53 会社や仕事への不平不満ですらエナジャイザーでわかる

▼社員の不満のタネは「仕事」「会社」「職場」

54 採用試験で不適切な人材を見抜くルール

▼採用の段階で価値観を揃えておく

55 会社に不利益をもたらす「夫婦不仲」を解決する方法

▼エナジャイザーで夫婦関係も良くなる!

関連カテゴリ: 書籍 > ビジネス

IT心理学

税込価格 1,620 円

カートに入れる

最近見た商品

  • まだ閲覧履歴がありません。

PRESIDENT STOREご利用ガイド
対象:書籍・雑誌バックナンバー・DVD・古典CD
※雑誌の予約販売・ギフトカタログ・料理道具は各サイト内の案内をご確認ください。

お支払方法について

代金引換の場合

クレジットカードの場合

※一部商品については増税前の税込価格となっており、商品に印字されている価格と実際の販売価格が異なる場合がございます。何卒ご了承ください。

本のお届けについて