電子書籍

新装丁版 現代の帝王学

原則原理を教えてくれる師、直言してくれる側近、
よきアドバイザーをもっているか?
乱世の「座右の書」「指南書」累計20万部の“ロングセラー”

[著]伊藤肇(いとう・はじめ)

1926年名古屋生まれ。旧満州国立建国大学七期生。中部経済新聞記者、雑誌『財界』副主幹を経て評論家となる。1980年逝去。主著:『一言よく人を生かす』(生産性本部)、『伊藤肇の人間対談』(経済往来社)、『男からみた男の魅力』(産業能率短大出版部)、『経営者をささえる一言』(地方銀行協会)、『喜怒哀楽の人間学』(PHP研究所)、『十八史略の人物学』(プレジデント社)など。

目次

はしがき

第一章 原理原則を教えてもらう師をもつこと

「修己治人」のメルクマール

「偉大なる常識」の行い難さ

治乱興亡の摂理

喜怒哀楽の原理原則

師弟邂逅の奇しき縁

孔子と道元にみる教育の原理

わが師 安岡正篤との出会い

人生の修羅場に直面した時

初めに模倣ありき

守りの哲学

人生三人の師

己を知る者のために

伝統的人物に学べ

不遇の時の処世原則

第二章 直言してくれる側近をもつこと

側近登用の原則

心友に学ぶ人生の知恵

直言を生かす人間関係

直言の条件

秘書、側近の心得

第三章 よく幕賓をもつこと

幕賓の資格

関連カテゴリ: 電子書籍

最近見た商品

  • まだ閲覧履歴がありません。

PRESIDENT STOREご利用ガイド
対象:書籍・雑誌バックナンバー・DVD・古典CD
※雑誌の予約販売・ギフトカタログ・料理道具は各サイト内の案内をご確認ください。

お支払方法について

代金引換の場合

クレジットカードの場合

※一部商品については増税前の税込価格となっており、商品に印字されている価格と実際の販売価格が異なる場合がございます。何卒ご了承ください。

本のお届けについて

【お知らせ】

8/14(月)~8/15(火)は倉庫夏季休暇のため、 書籍、雑誌バックナンバーの発送スケジュールが通常と異なります。
お客様にはたいへんご不便をおかけいたしますが、 あらかじめご了承くださいますようお願い申し上げます。