書籍

18時に帰る

2017年05月31日(水)発売 / 税込価格:1,620 円

カートに入れる

「二人目の壁」を乗り越える、
しなやかな働き方、しなやかな生き方とは

[著]秋山開(あきやま・かい)

一般財団法人1more Baby 応援団 専務理事。二男の父親。「二人目の壁」を乗り越えるための啓蒙活動を推進。執筆、セミナー等を積極的に行う。

オランダ調査団

安藏伸治(あんぞう・しんじ)

一般財団法人1more Baby 応援団 理事。明治大学政治経済学部教授。明治大学付属明治高等学校・明治中学校 校長。日本人口学会理事(前会長)。

宋美玄(そん・みひょん)

一般財団法人1more Baby 応援団 評議員。産婦人科専門医。医学博士。

秋山開(あきやま・かい)

一般財団法人1more Baby 応援団 専務理事。

小田部巧(おたべ・たくみ)

1991年生。株式会社博報堂 ストラテジックプランニングスーパーバイザー。

目次

Prologue 「幸せ」のためにオランダが選んだ働き方とは?

●「親の幸せ」は「子どもの幸せ」と比例する

●30年前のオランダは、今の日本と同じ課題を抱えていた

●オランダは「働き方改革」の急先鋒だった!

●女性の社会進出は最も遅れた国の一つだった

●労働者が主体的に働き方を決めるオランダは日本のお手本となる

●出生率においても日本を上回っている

●多少の格差があっても幸せに暮らせる国

●「自ら働き方を選ぶ」とはどういうことか

●出産・育児をキャリアの足かせにしてはいけない

●パートタイム勤務を選んでもキャリアを諦めたことにはならない

●どうすれば高いモチベーションを維持して働けるかが重要

●「18時に帰る」という習慣が持つ意味

Chapter1 生産性を重視した仕事の基本

●オランダでは生産的であるかどうかが重要

●これからの日本に求められる「生産的な働き方」とは?

●みなさんは「必要のない仕事」をしていませんか?

●プライベートの情報共有がもたらすチーム力

●残業は生産的に行う

●仕事の結果が繋ぐ会社と社員の信頼関係

Chapter2 オランダ型ワークシェアリングの仕組み

●オランダのワークシェアリングってどういうもの?

●働く時間数は同じでも働き方は無限にある

●オランダの人たちが“前向きに”パートタイム勤務を選ぶ理由

●オランダが選んだ「0・75+0・75=1・5」という道

●パートタイムワーカーがなかなかフルタイム勤務に戻らない理由

●求められるのは「選べる権利」と「変えられる寛容さ」

Opinions from Members 安藏伸治(明治大学政治経済学部教授)
オランダの教育から日本が学べるところ

Chapter3 「同一労働同一条件」が優秀な人材を集める理由

●オランダではパートタイム勤務=非正規雇用ではない

●フレキシブルとパートタイムとフレックスは別次元の話

●同一労働同一条件が整うと生産性が向上する

●優秀な人材を確保するために

Opinions from Members 宋 美玄(産婦人科専門医/医学博士)
頑張りすぎる日本のママのために推奨したい「クラームゾルフ」とは?

Chapter4 オランダ式テレワークがもたらした効果

●オランダにおける“アウトプット重視”のテレワークとは?

●社員「585人」に対してデスクは「400」しかない

●「銀行」が積極的にテレワークを導入する理由

●「経費削減」と「生産性向上」が一度に実現可能

●テレワークに必要なのはGive and Takeの考え

●テレワークは管理しない

●転職に対するオランダの人たちの考え方

●テレワーク時代の評価方式はオランダに学べば良い

Chapter5 ソフトワークを実現する「チーム主義」とは?

●オランダ社会が持つ共通認識「チーム主義」とは?

●地域全体で子どもを育てようという意識があるからできること

●企業や上司・同僚がサポートするのはあたりまえ

●妊娠した女性がプレッシャーを感じないためのサポート法

●オランダの育休は短いのが主流

●「家族が優先」という考え方

●休暇は社員自ら会社から買い取るという考え方

●家族は一つのチーム。フォローし合うパパとママの夫婦関係

Chapter6 社員の「モチベーション」を重視すると企業は成長する

●オランダの人たちの仕事へのスタンス

●仕事に対するモチベーションが高い理由

●モチベーションを高める三つの要素とは?

●企業は「対処」よりも「予防」に注力しないといけない

●働くことに幸せを感じている人が増えると生産性は高まる

Opinions from Members 秋山 開(1more Baby応援団 専務理事)
休日は休むという社会がみんなの家族の時間を増やす

Chapter7 「世界一子どもが幸せな国」のソフトワーカーの生き方

●「ソフトワーカー」たちの生活・考え方

●Lokhorst Family in Amsterdam

コンサルタントでも基本は18時半に帰宅する
育休を取る弊害は感じたことがない
子どもがいるから家にいる時間を増やすようにしている
夫婦2人で数日間の旅行に行くこともある
1日2時間の搾乳時間が保障されている
制度があるだけでなく、きちんと運用されることが大切

●Chong Family in Utrecht

オランダでは小学校を卒業するまで親が送り迎えをする
経営者でも中小企業でもパートタイム勤務は普通のこと
生活レベルはフルタイム勤務でもパートタイム勤務でも変わらない
計画外で妊娠する人はほとんどいない
ときどき日本に帰省すると誰も手伝ってくれなくてビックリする

●Van Loon Family in Utrecht

学童保育の施設は託児所と同じ建物の中にある
子どもを迎えに行くために1時間早く帰宅するようになった
パートタイム勤務でも思い通りキャリアを積めていると感じる
週末だけだと子どもたちの成長に追いつけない
子育てをしたことで子育ての素晴らしさに気づくことができた

●Van Dijk Family in Utrecht

子どものためではなく仕事のやりがいのためにフリーランスに
クラームゾルフや子育て相談室からいろんなことを教わった
人生を豊かにしてくれるので子どもは何人いてもいい
なぜオランダのパパは子育てに積極的になった?
出産後、いかにして社会復帰を果たしたか
お金が欲しいから働くのではなく、その仕事が好きだから働く

Opinions from Members 秋山 開(1more Baby応援団 専務理事)
ハードワークからソフトワークの時代へ

Epilogue 「2人目の壁」を突破するために必要なこと

●オランダの人たちは「2人目の壁」を感じていない

●オランダも出生率は「約1・7」と高いとはいえない

●それでもオランダを参考にすべきだと感じている理由

●「制度」と「個人の事情に合わせられるしなやかさ」の両輪が大事

あとがき

関連カテゴリ: 書籍 > 生活・実用・カルチャー

18時に帰る

税込価格 1,620 円

カートに入れる

最近見た商品

  • まだ閲覧履歴がありません。

PRESIDENT STOREご利用ガイド
対象:書籍・雑誌バックナンバー・DVD・古典CD
※雑誌の予約販売・ギフトカタログ・料理道具は各サイト内の案内をご確認ください。

お支払方法について

代金引換の場合

クレジットカードの場合

※一部商品については増税前の税込価格となっており、商品に印字されている価格と実際の販売価格が異なる場合がございます。何卒ご了承ください。

本のお届けについて

【お知らせ】

8/14(月)~8/15(火)は倉庫夏季休暇のため、 書籍、雑誌バックナンバーの発送スケジュールが通常と異なります。
お客様にはたいへんご不便をおかけいたしますが、 あらかじめご了承くださいますようお願い申し上げます。