書籍

どこと組むかを考える成長戦略型M&A

2017年09月14日(木)発売 / 税込価格:1,620 円

カートに入れる

売るか買うかではない。
大切なのはどこと組んで成長するか。

[著]竹内直樹(たけうち・なおき)

株式会社日本M&Aセンター 上席執行役員
株式会社事業承継ナビゲーター 取締役

2007年、日本M&Aセンター入社。2014年 執行役員事業法人部長、2017年 ダイレクト事業部 事業本部長 兼 上席執行役員就任(現任)。入社以来、日本M&Aセンターが10年で売上が5倍となるなか、その成長を牽引し、100社を超えるM&Aを支援。産業構造が激変する現在、中堅・中小企業やベンチャー企業が一段上のステージへ成長するための支援を行う一方で、セミナーや講演を通じての啓発活動でも活躍する。

株式会社日本M&Aセンター

1991年4月、全国の公認会計士・税理士の共同出資による完全独立系のM&A仲介会社として創設。友好的M&A支援に特化し、中堅・中小企業のM&A仲介におけるリーディングカンパニー。2006年10月、東証マザーズ上場。2007年12月、東証一部にM&A支援専門会社として初の上場。2012年11月、友好的M&Aに必要な専門家を養成する「M&Aシニアエキスパート認定制度」運営開始。東京をはじめ、国内に5拠点をもつ。2016年6月、シンガポール・オフィス開設。

目次

はじめに

第1章「成長戦略型M&A」とは何か?

会社を売ることで自社を成長させる

「売る」という成長戦略のオプション
会社を売る効果は「IPO」と変わらない
M&Aで売却する大きなメリット

産業構造の激変に対応するために

「買う」戦略にこだわってはいけない
業界の垣根が取り払われた
四つの機能をもたなければ勝ち残れない
買って地区大会で戦うか、売って全国大会に行くか

情報を制する会社が勝ち残る時代

ITの活用でニーズを把握する
M&Aでデータ集積が可能になる
売却によって「価値情報」を手に入れる

経営者・社員・会社の三者の幸せな未来を描く

「事業承継型M&A」から「成長戦略型M&A」へ
成長しながら事業承継を果たす
どんな事業承継対策を選ぶか

「ミニIPO」で事業承継と成長戦略を実現する

事業会社と組むことでシナジーを生む
「ファンド」に売るという選択肢
経営課題を解消するM&Aを選択する

 

第2章「価値情報」を活用できる会社が勝ち残る

データ集積の重要性が増している

◎オフィスコム株式会社のケース
大手企業と組むことで前年比一六〇%の成長を果たす

二度の倒産を経験して創業
安さとインターネットを武器に急成長
“佐川ショック”で物流問題が表面化
一社買うだけでは課題を解決できない
不足を補い合える組み合わせ
「価値情報」のもとになるデータを得る
経営理念や企業風土の合致
M&Aのシナジーで前年比一六〇%の成長
人生四度目の起業へ

◎株式会社インフィールドのケース
創業経営者のジレンマを解消

「自分の好きな仕事を一〇〇%やりたい」
ホスピタリティを武器にユーザーの支持を獲得
社長の思いが成長阻害要因に
成長戦略型M&Aなら課題を解決できる
大企業グループが貸し会議室会社に注目した理由
M&Aによって財務力が強化され、積極策転換
事業拡大のカギを握る「価値情報」

第3章人の成長なくして企業の成長なし

事業の成長に人の成長が追いつかない

◎株式会社VALORのケース
上場企業の採用力、社員教育制度を活用

ユニークな販売チャネルで差別化
優秀な営業マンが育たない
“上から目線”の会社とは一緒にならない
M&Aの条件に「キーマン条項」を入れる
これまで採れなかった新卒社員がやってきた
株式譲渡後は家族との時間が増えた

◎株式会社向井珍味堂のケース
受け身だった社員たちが主体的に動いて会社を牽引

低迷していた会社を、第二創業で復活させる
経営者と社員のテンションのズレ
病気をきっかけに事業承継を決意
受け身だったプロパー社員が覚醒
仕入れや販売で想像以上のシナジーが生まれる
社員と会社が成長するから安心してリタイアできる

第4章大手企業と組んで中間流通業から脱却

中間流通機能だけでは生き残れない

◎株式会社針谷鋼材のケース
専門商社からの脱皮と承継問題の解決を同時に果たす

東京オリンピック後を戦うために
取扱い商品を増やしたい二社のマッチング
関連商品の提案営業で売上げを伸ばす
買い手は価値創造と価値提供を強化

◎株式会社ペリテックのケース
上場企業と組んで「価値創造」の機能を補完

技術力に強みをもつ機械系商社
技術偏重の結果、営業力に課題が
子どもには会社を継がせない
パートナーに求める四つの条件
共通する販路に異なる商品を投入
共同開発した新製品を中国で販売

第5章ファンドを活用したM&Aで会社を成長させる

ファンドへの株式譲渡はローリスク・ミドルリターン

◎株式会社クニ・ケミカルのケース
ファンドに売却後、新社長のもとで成長が加速

“従業員三〇人の壁”を乗り越えるために
ファンドの一〇〇%出資会社に
十数名の候補から新社長を人選

◎天竜精機株式会社のケース
コンサル会社への事業承継で売上げ一・三倍の成長を果たす

事業承継の苦労を子どもにさせないために
売上げは伸ばしたが事業欲がない
株式上場を検討するも断念
コンサル会社の人材ネットワークを活用
オーナー経営者・社員・会社の三者が笑顔に


おわりに

関連カテゴリ: 書籍 > ビジネス

どこと組むかを考える成長戦略型M&A

税込価格 1,620 円

カートに入れる

最近見た商品

  • まだ閲覧履歴がありません。

PRESIDENT STOREご利用ガイド
対象:書籍・雑誌バックナンバー・DVD・古典CD
※雑誌の予約販売・ギフトカタログ・料理道具は各サイト内の案内をご確認ください。

お支払方法について

代金引換の場合

クレジットカードの場合

※一部商品については増税前の税込価格となっており、商品に印字されている価格と実際の販売価格が異なる場合がございます。何卒ご了承ください。

本のお届けについて