書籍

仕事漂流

2010年04月19日(月)発売 / 税込価格:1,728 円

カートに入れる

東大、慶應、早稲田……なぜ、学歴エリートたちは会社を辞めたのか?史上最年少大宅賞作家が描く「氷河期入社組」の群像

[著] 稲泉 連(いないずみ・れん)

1979年、東京都生まれ。95年に神奈川県の公立高校を1年で中退後、大学入学資格検定を経て、97年、早稲田大学第二文学部に入学。その体験を描いた手記「僕が学校を辞めると言った日」(「文藝春秋」97年10月号掲載)が第59回文藝春秋読者賞を受賞。在学中の著書に『僕の高校中退マニュアル』(文藝春秋98年)、“働くこと”をテーマに同世代を取材した『僕らが働く理由、働かない理由、働けない理由』(同2001年)がある。05年、『ぼくもいくさに征くのだけれど 竹内浩三の詩と死』(中央公論新社)で第36回大宅壮一ノンフィクション賞を史上最年少の26歳で受賞。本書はその受賞第一作となる。

目次

まえがき

第1章 
長い長いトンネルの中にいるような気がした

都市銀行→証券会社  大橋寛隆(33)

第2章 
私の「できること」って、いったい何だろう

菓子メーカー→中堅食品会社  中村友香子(30)

第3章 
「理想の上司」に会って会社を辞めました

中堅IT企業→人材紹介会社  山根洋一(30)

第4章 
現状維持では時代と一緒に「右肩下がり」になる

大手電機会社→大手電機会社  大野健介(32)

第5章 
その仕事が自分に合ってるかなんてどうでもいい

中堅広告代理店→大手広告代理店  藤川由希子(29)

第6章 
「結婚して、子供が産まれ、 マンション買って、終わり」は嫌だ

大手総合商社→ITベンチャー  今井大祐(29)

第7章 
選択肢がどんどん消えていくのが怖かった

経済産業省→ITベンチャー役員→タイルメーカー役員  原口博光(32)

第8章 
常に不安だからこそ、走り続けるしかない

外資系コンサルティング会社→外資系コンサルティング会社→MBA留学  長山和史(33)

あとがき

関連カテゴリ: 書籍 > 政治・社会

仕事漂流

税込価格 1,728 円

カートに入れる

最近見た商品

  • まだ閲覧履歴がありません。

PRESIDENT STOREご利用ガイド
対象:書籍・雑誌バックナンバー・DVD・古典CD
※雑誌の予約販売・ギフトカタログ・料理道具は各サイト内の案内をご確認ください。

お支払方法について

代金引換の場合

クレジットカードの場合

※一部商品については増税前の税込価格となっており、商品に印字されている価格と実際の販売価格が異なる場合がございます。何卒ご了承ください。

本のお届けについて