書籍

鈴木敏文の「話し下手でも成功できる」

2011年01月01日(土)発売 / 税込価格:1,337 円

カートに入れる

なぜ、話術だけではダメなのか?心理学経営の第一人者が明かす顧客の真実65!

[著] 勝見 明(かつみ・あきら)

Akira Katsumi
1952年、神奈川県逗子生まれ。東京大学教養学部中退。フリージャーナリストとして経済・経営分野を中心に執筆・講演活動を続ける。企業の組織運営、人材マネジメントに詳しい。主な著書に『なぜ、セブンでバイトをすると3カ月で経営学を語れるのか?』(プレジデントブックス)、『鈴木敏文の「統計心理学」』『鈴木敏文の「本当のようなウソを見抜く」』(いずれも日経ビジネス文庫)、『度胸の経営』(三笠書房)、『イノベーションの本質』(日経BP社 共著)、『イノベーションの作法』(日経ビジネス人文庫 共著)など。

目次

鈴木敏文氏が語る顧客を知るための「65の提言」

はじめに

  • なぜ、あがり症で人見知りでも成功できるのか
  • なぜ、話し方や伝え方が大事なのか
  • 鈴木流心理学経営をいま注目の「行動経済学」で裏づける

I部 話し下手でも成功できる

第1章
どんな「話し方」をすれば、相手に伝わるのか

  • 居眠りをしている社員を叱って起こしてでも伝える
  • 少年時代は極度のあがり症だった

【鈴木敏文の話し方説法1】
借り物の言葉を使わず、自分が知っていることだけを話す

  • 人前であがらないコツ

【鈴木敏文の話し方説法2】
身近な事例や例えをできるだけ盛り込んでみる

  • 聞き手の共感を呼ぶコツ
  • 「中国人の聴衆相手に日本語で話す」

【鈴木敏文の話し方説法3】
話の中に数字をうまく入れると聞き手への親切度が増す

  • 数字の力を借りる
  • 数字はもろ刃の剣、「ごまかし」も入りやすい

【鈴木敏文の話し方説法4】
「標語」をいくら並べても右から左へと抜けるだけ

  • 「顧客第一主義」を唱えるだけでは浸透しない
  • いい換えの能力に必要なのはストーリーを描く力

【鈴木敏文の話し方説法5】
自分に酔った話し方は聞き手には退屈

  • 自分が物知りであることを売り込んでも効果は薄い
  • 「自我の延長」的な行為も相手を疲れさせる
  • 相手の反応を察知する力をつけるには「メタ認知」が必要

【鈴木敏文の話し方説法6】
相手の顔を向けさせるには“エサ”の情報を自分なりに持て

  • “エビ”の情報で・タイ・を釣る
  • 「上司からいわれたので」では相手は聞こうとしない

【鈴木敏文の話し方説法7】
話術だけでは相手は説得できない

  • アメリカ人相手の難交渉でも譲歩を引き出せる

【鈴木敏文の話し方説法8】
ただ「話しておきました」では、本当に話したことにはならない

  • いかに相手の行動を引き出すか
  • 頭の中の「テンプレート」を互いに一致させる
  • コミュニケーション能力が最も重要

第2章
人はなぜ、自分のことになると「保守的」になるのか

  • 人は自分のことになると「保守的」になる

【鈴木敏文の仕事術指南1】
「売れる店」はなぜ、ますます売れるようになるのか

  • 快進撃を続けたディスカウントストア「ザ・プライス」
  • 「当日仕入れ、当日売り切り」を可能にした驚異の陳列術

【鈴木敏文の仕事術指南2】
「売れない店」はなぜ、ますます売れなくなってしまうのか

  • 「売れない店」が陥る縮小均衡の悪循環
  • 人は「100の利得」より「100の損失」を二倍大きく感じてしまう
  • 売り手は「機会ロス」より「廃棄ロス」を二倍大きく感じてしまう
  • 「儲からないニューヨークのタクシー運転手」が儲けを増やせない理由は何か

【鈴木敏文の仕事術指南3】
なぜ、「うちの店ではこういう商品は売れない」と思い込むのか

  • 人は論理ではなく「思考の近道」で考える
  • 一事が万事と思い込む「少数の法則」

【鈴木敏文の仕事術指南4】
なぜ、「自分は玄人」と思う人ほど判断がズレるのか

  • 最初の情報によって判断が影響されてしまう「アンカリング効果」
  • 玄人が陥りやすい「確証バイアス」
  • 玄人と素人の対立を乗り越え成功したセブン銀行の例
  • 最悪なのは組織全体に判断のズレが及ぶこと

【鈴木敏文の仕事術指南5】
なぜ、売り手は「顧客のために」といいつつ、自分の都合で考えてしまうのか

  • 「顧客の立場で」考えれば、自分たちに都合の悪いことも実行できる
  • 「無能化」しないためにも常に「顧客の立場で」考え続けることが必要
  • 「顧客の立場で」考え、思考のズレから脱する

第3章
人はなぜ、「長期的な利益」より
「目先の楽さ」を大きく感じてしまうのか

  • 「長期的な利益」を目指すか、「目先の楽さ」を追及するか

【鈴木敏文の仕事術指南6】
人間はなぜ、「長期的な利益」より「目先の利益」に目を奪われるのか

  • 人は、禁煙は健康によいとわかっていてもタバコを吸ってしまう

【鈴木敏文の仕事術指南7】
「仮説・検証」により「機会ロス」を「見える化」する

  • 100の損失や不満足を埋めるには200の利得や満足が必要
  • 目的意識によって偶然を必然化する

【鈴木敏文の仕事術指南8】
人は一人で考えていると保守的な心理に陥り、前に踏み出せない

  • 「対話」から力を借りて保守的な心理を解放する
  • 悪循環を脱したコンビニ経営者の事例
  • 内向きから外向きに転じたコンビニ経営者の事例
  • 誰もが保守的心理に陥らないように仕組み化する

【鈴木敏文の仕事術指南9】
人は挑戦して失敗するより、挑戦しないほうを後悔するようになる

  • 株の投資家は「熱烈な巨人ファン」の心理に似ている
  • 人は「しなかった後悔」より、「してしまった後悔」を回避しようとする
  • 人は長期的には逆に「しなかったこと」を後悔するようになる

II部 商売は感情で動く

第4章
どうすれば不況下でも買ってもらえるか

  • 買い手も「思考の近道」や「思考の落とし穴」にはまる
  • 鈴木流「感情経済学」の奥義を探る

【鈴木敏文の感情経済学入門1】
なぜ、消費者心理はマスコミ報道の影響を受けるのか

  • 消費者の心理はマスコミ報道にも影響される

【鈴木敏文の感情経済学入門2】
なぜ、買う側が「ありがとうございました」と礼をいうのか

  • 大ヒットした「キャッシュバック」と「現金下取りセール」
  • 持っているものを手放せない「保有効果」の心理を逆転させる
  • 「現金下取りセール」は初め、社内で疑問視された

【鈴木敏文の感情経済学入門3】
なぜ、「ガソリン割引券」がヒットしたのか

  • 人は同じものでも提示のされ方によって選択の仕方が変わる
  • 「フレーミング効果」の心理
  • 「衝動買いの時代」には売り方の演出力が不可欠

【鈴木敏文の感情経済学入門4】
なぜ、グラム500円の牛肉の隣にグラム700円を置くのか

  • 価格の心理学の不思議
  • 「最も売りたい価格帯」に誘導するレストランのコース料理設定

【鈴木敏文の感情経済学入門5】
なぜ、商品の種類を絞ったほうがよく売れるのか

  • 選択肢が多いと顧客は判断を先延ばしにする
  • 選択肢を絞ると「選ぶ理由」がはっきりする
  • 顧客の満足は維持するほうが難しい

第5章
どうすれば顧客の満足度を高められるか

  • 売り手の「損失回避」と買い手の「損失回避」は両立しない

【鈴木敏文の感情経済学入門6】
顧客の「満足度の基準」は常に上がっていく

  • 猛暑なのに冷やし中華の売り上げが下がった店
  • 一発ねらいより、小刻みに改善するほうが顧客には効く

【鈴木敏文の感情経済学入門7】
顧客は「してもらえなかった不満足」を大きく感じる

  • 人は挨拶一つでもされなかったら傷つく
  • 売り手は常に「あるべき姿」を目指さなければならない

【鈴木敏文の感情経済学入門8】
顧客が求めるのは単なる安さではなくフェアプライス

  • 買い手の買い方の知恵が磨かれてきた
  • 買い方の知恵と売り方の知恵をマッチングさせる

【鈴木敏文の感情経済学入門9】
消費者は「いうこと」と「行うこと」が一致しない

  • 発売前の「買わない」が発売後には「買う」に逆転

【鈴木敏文の感情経済学入門10】
不況の中だからこそ「当たり前のこと」で差がつく

  • 「基本の徹底」がなぜ自己差別化につながるのか
  • 人は「選ぶ」ときは肯定面に目を向け、「選ばない」ときは否定面に目を向ける

【鈴木敏文の感情経済学入門11】
トップ企業も「買い手の気持ち」を見失えば陥落する

  • 選ばれるか、選ばれないか、すべては顧客の心理次第

III部 自分の中の「保守的な心理」を克服する

第6章
ブレイクスルー思考で新しい自分に挑戦する

  • 挑戦するか、自分を守るか、その妥協点を変える
  • ザ・プライスが短期間に売上増を実現できたもう一つの秘密
  • 目を見張ったパートの戦力向上

【鈴木流「生き方・働き方」の極意1】
なぜ、セブンでバイトをすると3カ月で経営学を語り始めるのか

  • 主力商品の発注を学生アルバイトに任す
  • 店の危機を救った学生アルバイトたち
  • 1店舗で年間2億円の商売をオーナーと奥さんの二人ではできない

【鈴木流「生き方・働き方」の極意2】
人は「善意の生きもの」、だからこそマネジメントが大切

  • 人数が多くないほうが仕事の質は高まる

【鈴木流「生き方・働き方」の極意3】
人は時間をかけないほうがいい仕事ができる

  • 「2カ月以内のオープン」を求めたザ・プライス第一号店
  • 自分で仕事にデッドラインを区切れば目標は達成できる

【鈴木流「生き方・働き方」の極意4】
上司は「権限委譲」と「丸投げ」をはき違えていないか

  • 「権限委譲」と「丸投げ」はどこが違うか
  • 「ボトムアップ」と「丸投げ」のはき違い

【鈴木流「生き方・働き方」の極意5】
なぜ、人は「都合のいい理由」を見つけたがるのか

  • 成功は自分の力、失敗は他人のせい

【鈴木流「生き方・働き方」の極意6】
ブレイクスルー思考で自分を超える

  • 未来から現在を省みる
  • 部下に「君はどうしたいのか」と問いつめる
  • 信念にしたがって挑戦すれば、みんなが力になってくれる

第7章
常に懸命であれば「行き当たりばったり」の生き方でもかまわない

  • 懸命に仕事をすることの大切さ

【鈴木流「生き方・働き方」の極意7】
懸命に「行き当たりばったり」に生きる

  • 学生運動でブラックリストにのる
  • ヨーカ堂へ転職したら話がぜんぜん違った
  • セブン─イレブンも失敗からスタートした
  • 大切なのは人生が一段一段積み上がっていくこと
  • 自分の弱点を強みに変える
  • 一日一日を精一杯生きる
  • 「石の上にも三年」

おわりに

関連カテゴリ: 書籍 > ビジネス

鈴木敏文の「話し下手でも成功できる」

税込価格 1,337 円

カートに入れる

最近見た商品

  • まだ閲覧履歴がありません。

PRESIDENT STOREご利用ガイド
対象:書籍・雑誌バックナンバー・DVD・古典CD
※雑誌の予約販売・ギフトカタログ・料理道具は各サイト内の案内をご確認ください。

お支払方法について

代金引換の場合

クレジットカードの場合

※一部商品については増税前の税込価格となっており、商品に印字されている価格と実際の販売価格が異なる場合がございます。何卒ご了承ください。

本のお届けについて