書籍

お手伝い至上主義でいこう!

2011年03月14日(月)発売 / 税込価格:1,512 円

※ 申し訳ございませんが、只今品切れ中です。

品川女子学院校長・漆紫穂子さん絶賛!「“子どもが幸せになる子育て”の答えが、この中にあります」

人気ビジネススクール教授直伝!
わが子の生きる力を高める 「与えすぎない」家庭教育論。

[著] 三谷 宏治 みたに・こうじ

K.I.T.(金沢工業大学)虎ノ門大学院 教授。早稲田大学ビジネススクール 客員教授。グロービス経営大学院 客員教授。1964年大阪生まれ。2歳半から福井で育つ。東京大学理学部物理学科卒業。INSEAD(フォンテーヌブロー校)MBA修了。87年より96 年まで、ボストン コンサルティング グループ勤務。96年より2006年までアクセンチュア勤務。うち、03年より06年まで同社・戦略グループを統括。同グループの200人超への成長に貢献。同社退社後の07年には区立小学校でPTA会長を務める。
近著に『特別講義 コンサルタントの整理術』(実業之日本社)、『ハカる考動学』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)、『発想の視点力』(日本実業出版社)、『正しく決める力』(ダイヤモンド社)、『トップコンサルタントがPTA会長をやってみた 発想力の共育法』(英治出版)、『観想力 空気はなぜ透明か』(東洋経済新報社)、『ルークの冒険 カタチのフシギ』(実務教育出版)。
現在、社会人教育に加えて、小中高校・大学での子ども・保護者・教員向け教育を中心に活動。年間延べ2500人以上の子どもや保護者に対し、授業・講演を行う。永平寺ふるさと大使、NPO法人 教育改革2020理事、放課後NPOアフタースクール理事。東京都世田谷区在住。 HPはhttp://www.mitani3.com/

目次

プロローグ なぜ「ヒマ・ビンボー・オテツダイ」なのか?

1章 子どもたちに与えすぎていませんか?

与えすぎる日本の親たち

「指示」を与えすぎない――ほしいのは自己判断力、主体性

「予定」を与えすぎない――ほしいのは自己管理力

「モノ」を与えすぎない――ほしいのは発想力

「カネ」を与えすぎない――ほしいのは意欲

「答え」を与えすぎない――ほしいのは問題発見力

「勉強」を与えすぎない――ほしいのは学習能力

「夢」を与えすぎない――ほしいのは自己鍛錬機会

なぜ、与えすぎてしまうのか?

与えすぎないための心の準備

2章 子どもたちに、本当に与えたいもの
   ――ヒマ・ビンボー・オテツダイ

お手伝い――家事や仕事を分担させる

貧乏――あえて足りない環境をつくる

ヒマ――自由な時間と裁量を与える

「ヒマ・ビンボー・オテツダイ」を習慣にする、が答え

三娘鼎談――携帯戦争とお小遣い

3章 グローバル社会に向けたトレーニング
   ――放牧型イベントマネジメント

自由と制限の子育て4パターン ~「ケージ」「放流」「室内」「放牧」型

放牧型イベント ~ 家族編

放牧型イベント ~ 個人編

三娘鼎談――娘たちから見た、放牧型イベント

4章 「ヒマ・ビンボー・オテツダイ」で親も笑顔になれる

楽しい子育てへの4原則

よき応援団となるために

エピローグ 娘たちからの手紙

おわりに みなさんの応援団として

関連カテゴリ: 書籍 > 生活・実用・カルチャー

お手伝い至上主義でいこう!

税込価格 1,512 円

※ 申し訳ございませんが、只今品切れ中です。

最近見た商品

  • まだ閲覧履歴がありません。

PRESIDENT STOREご利用ガイド
対象:書籍・雑誌バックナンバー・DVD・古典CD
※雑誌の予約販売・ギフトカタログ・料理道具は各サイト内の案内をご確認ください。

お支払方法について

代金引換の場合

クレジットカードの場合

※一部商品については増税前の税込価格となっており、商品に印字されている価格と実際の販売価格が異なる場合がございます。何卒ご了承ください。

本のお届けについて