DA-04 出刃包丁

税込価格:10,800 円

カートに入れる

DA-04_main

手入れまでがひとつの仕事。出刃包丁

「弘法は筆を選ばず」とは言うが、料理の世界では道具は選ぶに限る。そこで、和包丁である。

和包丁の刃は、日本刀(刀鍛冶)から発展した鍛造造りの鋼。姿勢を正したくなるような、気韻はそこから来る。もちろん、切れ味も日本刀譲り。粘りのある強さと鋭さが同居し、なるほど心憎いまでに心地いい。手にすると、包丁捌きがうまくなったような、うれしい錯覚を感じるほどだ。

だが、そんな和包丁。少しばかり人間臭いところがある。
 いかに手をかけ、手入れをするかで切れ味が違ってくるのだ。使ったら使っただけ、使わなくてもそれなりに、研いで労い、対話してやることで、実にいい切れ味を提供してくれる。つまり、逆に手入れを怠ると、ひどい目に遭うことは必至。反省したところで、もとには戻らない。

和包丁を正しく使うなら、手入れまでがひとつの仕事と認識するしかない。使ったら汚れをしっかり落とし、鋼の最大の敵である水気を完全に拭き取る。そして、ひと月に一度は研ぎ、数年に一度は職人に研ぎに出す。それを忠実に繰り返せば、半永久的に素晴らしい切れ味が堪能できるのだ。

さて、手入れの大切さを肝に銘じたところで、出刃包丁である。
まず、日本の包丁だけあって、魚を捌いたり、3 枚におろしたりするのに一番使いやすい。みね(刃の背の部分)が厚く安定感があるが、刃は薄い鋭角的な片刃。また、刃元は厚く丈夫なので、鯛など硬い魚の骨も切ることもできる。

そんな特徴を、切れ味がよく研ぎやすい白紙鋼でカタチにしたのが、この本鍛造和包丁だ。15㎝という長さは小回りが利き、鯵や鱚など小さめの魚を捌くにも使いやすい。
まずは砥石も整えて、厨房の”懐刀“として迎え入れては如何だろう。

和包丁を正しく使うなら、手入れまでがひとつの仕事。研ぐことに喜びを見いだすようになれば、プロの境地。


日本古来の鋼の良さを再現。秀逸な切れ味の本鍛造和包丁です。魚をさばく、3枚におろすなどに最適。刀身のみね(背)が厚く安定感があり、刃は薄く鋭利です。片刃。錆びやすいので、研ぐなどのお手入れが必要です。

商品情報

DA-04 1044628
出刃包丁
  • 材質/刃身:白紙鋼、柄:朴木
  • 付属品/晒し
  • 商品サイズ/全長約290mm(刃渡り約150mm) 重量/約225g
  • 箱サイズ/約68×305×30mm 重量/約325g
  • JANコード/4903779438202
  • 原産国/日本

DA-04 出刃包丁

税込価格 10,800 円

カートに入れる

最近見た商品

  • まだ閲覧履歴がありません。

PRESIDENT STOREご利用ガイド
対象:書籍・雑誌バックナンバー・DVD・古典CD
※雑誌の予約販売・ギフトカタログ・料理道具は各サイト内の案内をご確認ください。

お支払方法について

代金引換の場合

クレジットカードの場合

※一部商品については増税前の税込価格となっており、商品に印字されている価格と実際の販売価格が異なる場合がございます。何卒ご了承ください。

本のお届けについて