書籍

実践版 孫子の兵法

2014年10月17日(金)発売 / 税込価格:1,620 円

カートに入れる

勝者を支える最高峰の戦略書
人生で勝利したいすべての方へ。
これは最新の『孫子』です。

本書は、2500年前に書かれた『孫子』を現代の視点で分析しました。
いわば著者・孫武の最終目標を先回りして描いています。
天才軍師のアタマを覗くことを目指しました。

孫子を道具として使うとすれば
いま何ができるのか?

[著]鈴木博毅(すずき・ひろき)

1972年生まれ。慶應義塾大学総合政策学部卒。
ビジネス戦略、組織論、マーケティングコンサルタント。MPS Consulting代表。
日本的組織論の名著『失敗の本質』をわかりやすく現代ビジネスマン向けにエッセンス化した『「超」入門 失敗の本質』はベストセラーになる。そのほかの著書に『「超」入門 学問のすすめ』(ダイヤモンド社)、『ガンダムが教えてくれたこと』『シャアに学ぶ逆境に克つ仕事術』(共に 日本実業出版社)など。

目次

はじめに

序章 世界最高峰といわれる『孫子』を使いこなすには?

伍子胥の血塗られた復讐を助けた、孫武の英知/孫武の時代における天才たちと、伍子胥の悲劇/三国志の英雄「曹操」から毛沢東、ビル・ゲイツまで/現代の人間学としての『孫子』の効用/『孫子』をつらぬく5つの要素

第一章 なぜ、勝てない戦いに挑むのか?

01 孫子は「不敗」を一番大切なものだと言った

やめる「勇気」をいまこそ発揮しよう!/ありのままの人は弱く、失敗ばかりで人生を終わる/“敵”とはあなたが新しく始めることである/勝利のチャンスはあなたが作るものではない/人のカラダは、環境に簡単に影響される/弱い自分から、全力を引き出すために

02 敗者の教訓、まずはそれを避ける

過去からの教訓を生かす/全体の8割は常に負け組である/負け組の8割が、そこから動かない理由がある/ネガティブ・インパクトのみが人を動かす/ポジティブなリストで人生が変わらない理由/敵を軽視すれば、負けるのがおちである

03 勝者が磨くべき5つの基本条件

不敗をより完璧な形にするために/5つの基本条件、勝利の目算を高める方法/優れた人の意見を、素直に聞いて準備する/戦うことなく、目標の達成を狙う

04 勝つことが当たり前になる世界へ

世の中は、当たり前のことしか起こらない/困っている人ほど、奇跡や過激なことを信じやすい/努力の汗が見える時点で、2つのことを間違えている/勝ち易きに勝つ。下位企業を叩き続けろ/相手を味方に引き入れたら、負けはありえない

第二章 なぜ、根拠もないのに勝てると思うのか?

05 孫子の考える、もろい人間とはどんな人か?

「もろさ」を持つ人の特徴/依存する弱さ、とはどんな状態か?/遠方への出張に、ぜったいに遅刻しない方法/依存を排除する5つの方法/信頼できるビジネスマンは、依存を避けて盤石を目指す

06 希望的観測という無謀な賭け

能力が低い者ほど、自分を過大評価する/多面的に比較検討すると、愚かな結論を避けられる/勝算を高めるための、優れた思考モデルを使う/幸運を期待しない者が、もっとも確実な勝者/孫武なら、ひとりの働きに過度の期待をかけない

07 怒りに身をまかせず、選択肢を増やす

怒りで身を滅ぼした孫武の元上司/怒りは、時がたてば喜びにも変わる/選択肢の少ない人ほど、もろい/なぜ、激務の社長が長生きし、動物園の動物が短命なのか/『孫子』の最大の効能の一つは、選択肢を無限に広げてくれること

第三章 なぜ「戦わずに勝つ」方法をとれないのか?

08 壁を打ち破る間接的アプローチとは

間接的アプローチを使えなければ、あなたは孫子を理解していない/500ドルで、ハリウッドの映画監督になれるか?/同じ結果を、違う方法で達成できないか?/豊臣秀吉が、家康に使った「間接的アプローチ」とは/目の前の壁がどれほど厚くとも、孫子は勝利を手にする

09 はじめは処女のごとく、終わりは脱兎のごとく

別に、処女の演技を推奨しているわけではない/警戒させない、警戒していないところを攻める/若きビル・ゲイツが、相手を油断させた方法/詐欺師は、小さな約束で心を開かせる/相手に準備する時間も、心の余裕も与えない速さ

10 リデル・ハートと孫子、二人の戦略論の威力

第二次世界大戦の趨勢を決めたノルマンディー/攻撃が有利な時、防御が有利な時のちがい/リデル・ハートと間接的アプローチの8カ条/孫武の勝利に見る、みごとな間接的アプローチ

11 永遠の戦略論、孫子の前に崩せない壁はない

攻撃の意図を相手に知られない理由とは?/勝利の定義を変えてしまう/それは、本当に相手が欲しいものか?/違う目標を追いかけて、同じ結果(勝利)を得る

第四章 なぜ、勝てるタイミングを逃してしまうのか?

12 孫子の「時間術」、時間に価値があるときを見抜く

時間の価値の変化に備える勝者、無関心な敗者/時間はいつでも同じ価値ではない/巨大な壁を前にした、間接的アプローチの意味/時間の価値が低いとき、その過ごし方/悲惨な境遇でも、時間の価値は無限に高まる

13 主導権がある時間、ない時間を意識せよ!

戦場を区切る、3つの時間帯とは/時間について、敗北者はおどろくほど無知である/物事が変えられる時間、変えられない時間/枠組みが決定したら、雌伏の時間に移行する

14 時間の経過を、あなたは味方にできているか?

時間がコストになるほうが、負ける/時間の経過で、勝者も型にはまる/時間の経過で、変化を生み出せる者/積み重ねたものが無駄になるとき、飛躍を生むとき/良いことが、同じ人にばかりやってくる理由/最後に笑うものは誰か?

第五章 なぜ、兵の「実力」を引き出せないのか?

15 孫子が説く、トップが果たすべき役割とは

戦力の6割は、組織の優劣で決定される/トップは、全体をきちんと見ているか/トップは、補佐役の幹部と親密な関係か/時流にきちんと乗れているか、流行を掴まえているか

16 孫子に学ぶ、上司と部下の適切な関係づくり

全軍を戦いに駆り立てる「目標」「超えるべき壁」「倒すべき敵」をつくっているか/目標と指示、死力を尽くさせるコツ17

17 勝利のための、孫子の組織論

大軍団でも、小軍団の良さを発揮せよ/組織が大きくなると、あらゆる武器が消えていく/わかりやすさとアイコンで、全軍を引率する/臨機応変を奨励し、あくまで成果に焦点を合わせる

18 人を動かす3つの舞台を作っているか?

上司は、人を効果的に動かす、3つの舞台を用意せよ/乱を治に変える「統制力」を生み出す/怯を勇に変える「勢い」/弱を強にする「態勢」/すぐれた舞台を作る、プロデューサーとなれ

19 大きな勝利の90%はあなた以外の要素で決まる

努力よりも、機会の大きさで勝利は決まる/敵が力を入れていない場所、社会のスキを見つける


あとがき


巻末付録
孫子をさらに詳しく学びたい方へ 成り立ちと特徴を分析する

20 孫子の兵法の成り立ちから見る特徴

経験則と歴史を、戦略に昇華させた孫武/待ちぼうけの童謡が教える、経験則の弱点/『孫子』を創造的にマスターする、原則と定石/似た価値観と、思考体系を持つ敵には極めて有効/第一次世界大戦の世界と、2500年前の孫武の慧眼

21 孫子が負けるとき、それはどんな瞬間か

孫子は歴史上、何度か負けている?/兵法を誤読する者、使えない者が増えた/失敗がなければ、それが「勝利」と呼べる戦場にいるか/未知、未経験のものごとに、積極的に触れて、歩いていく経験を

22 孫子が逆襲を成功させるとき

経験を積むことで、勝率が急激に上昇する思考/相手を知ることを、恐れてはいけない/あなたの目標と、大切な人の目標を重ねる/人を動かす力をつける、人に勇気を与える力をつける


超訳「孫子の兵法」早わかり! これが孫子の骨子だ!


参考文献

関連カテゴリ: 書籍 > ビジネス

実践版 孫子の兵法

税込価格 1,620 円

カートに入れる

最近見た商品

  • まだ閲覧履歴がありません。

PRESIDENT STOREご利用ガイド
対象:書籍・雑誌バックナンバー・DVD・古典CD
※雑誌の予約販売・ギフトカタログ・料理道具は各サイト内の案内をご確認ください。

お支払方法について

代金引換の場合

クレジットカードの場合

※一部商品については増税前の税込価格となっており、商品に印字されている価格と実際の販売価格が異なる場合がございます。何卒ご了承ください。

本のお届けについて