「道具厳選」の商品は、いずれも<全国送料無料>でお届けいたします。

道具厳選DA-12 木柄ザル付き万能鍋セット

道具厳選DA-12 木柄ザル付き万能鍋セット

  • 材質/鍋:ステンレス0.8mm、木柄ザル:18-8ステンレス、天然木
  • 容量/約5.8?
  • 付属品/木柄ザル荒目:約235×455×205mm(約360g)
    木柄ザル細目:約235×455×205mm(約390g)
  • 標準仕様/IH200V対応(SGマーク適合)
  • 商品サイズ/約265×400×197mm 重量/約1210g
  • 箱サイズ/約270×465×265mm 重量/約2750g
  • JANコード/4903779037740
  • 原産国/日本 
  • 2007年06月01日発売 / 10,800円(税込)

    瞬間を制するためのザルと鍋

    料理は瞬間を捕える美学である。たった一言「おいしい」のために、この瞬間をいかに捕えるかが鍵となる。

    例えば、野菜を茹でるという行為。食べやすくするためだけでなく、アクを抜き、余分な水分を除き、味を吸収させやすくするという重要な役割がある。それが、一瞬を逃すと、色はくすみ、歯ごたえもくたくた。さらには栄養分まで流れ出してしまう。いい事など一つもない。

    プロの料理人は、それを極めるために、素材にあわせて塩や酢、米ぬかや重曹、ときには牛乳や大根おろしを使って茹でる。しかし、そのとき、一番重要で難しいのは火の通りの判断。

    そして、瞬時にして湯からあげる瞬発力だ。茹で上げた野菜は、火の通りすぎや変色を防ぎ、アクを除くために水に落とす。あるいは、水には落とさず、ザルにあげて水気を切り、余熱を計算しながら冷ます。プロの厨房ならば、それだけのスペースも道具も揃っているが、家庭で本物の茹で加減を求めようとすると、大きな鍋を「えいやっ」と持ちあげ、「あちあち」と慌てながら、ザルに向かって流し込むのが関の山だ。

    そこで、ザルをセットした万能鍋の出番となる。
    熱回りのいいステンレス(0.8㎜)の両手鍋に、握りやすい木柄付きの荒目と細目、2種類のザルがセットされている。鍋にザルを入れた状態で茹でれば、タイミングを逃す事なく引き上げることができる。

    荒目ザルは、枝豆やほうれん草などの茹であげにぴったり。そのまま水に落としたり、あるいはおか上げするのもスムーズだ。
    細目ザルは、本格的なだしをとるのに最適。さらに、もっとも時間に神経質なパスタを茹でるにも便利だ。アルデンテはお手の物な上に、ゆで汁を残してあげる事ができるので、ソースと絡めるために別に取り置く必要もない。

    もちろん、鍋本来の機能も秀逸だ。本体上部につけた段と曲線を描く構造の合わせ技で吹きこぼれにくく、煮物などにも重宝することは間違いない。しかも、ザルは二つとも鍋に収納できてコンパクト。

    昆布と鰹節でとった本格だしのひと手間。あるいは、プロ顔負けの歯ごたえのパスタのタイミング。瞬間を制する美学が、この鍋には込められている。

    上/茹であげのタイミングを見計らってあげる。木柄の角度が絶妙。ザルは荒目。

    下/ザルごと水に落とせるので、野菜の火が通り過ぎたり、色が落ちてしまったりしない。

    上/細目のザルを使えば、アルデンテの茹で加減もお手の物。素麺や蕎麦にも。

    左/鍋に水と昆布を入れ沸騰させる。その後、取り出した後に細目ザルをセットして削りがつおを一度に加える。鍋の口が広いので一連の作業も楽だ。

    右/だしがとれたタイミングで、素早くザルを引き上げる。鍋を持ち上げる必要がないのでスムーズ。細目ザルなら削りがつおの粉も逃さない。

    荒目ザルは野菜の茹で上げに。細目ザルはだしや、麺類の茹で上げに最適。握りやすい木柄付きです。本体は、上部の段と側面の曲線で吹きこぼれにくい構造。煮物などにも使えます。

    取り扱い説明書