「中国古典入門」 論語と渋沢栄一(CD)全5巻

「中国古典入門」 論語と渋沢栄一(CD)全5巻

右手にソロバン、左手に論語。利潤追求だけがビジネスの目的ではないというバランス感覚がここにある。

右手にソロバン、左手に論語。
利潤追求だけがビジネスの目的ではないというバランス感覚がここにある。

明治の大実業家、渋沢栄一が一生を通じて規範とした「論語」。
彼が論語に何を学び、どう活かしてきたのか。渋沢が著した「論語講義」を通して、日本人論で著名な山本七平氏が事例を交えながら解説。


聴いて学ぶ 平易な語り口の、わかりやすい解説です。
ともすれば「難しそうだ」と遠ざけてしまいがちな中国古典ですが、耳から入ってくる「話し言葉」なら、意外なほどすんなり聴けてしまいます。 原文朗読がわかりにくければ、慣れるまでは飛ばして聴くのもひとつの手。 食わず嫌いの人にもおすすめです。


読んで実践する。 聞きながら読む。声に出して読む。→ビジネスに活かす。
誰もがわかる口語訳 + フリガナ付きの読み下し文。 読みやすく、わかりやすいテキストです。
主題の内容によっては、関連するエピソードや例話も紹介。いっそう理解が深まります。

※本講座は、中国古典オーディオシリーズ(1987年より刊行)をCD版として再構成したものです。なお、テキストは新たに口語訳・解説などを加え、よりわかりやすく、より活用いただけるようにいたしました。



経済人が語る、中国古典の「効用」

 古典というと、若い人は「難しそうだし、すぐに役立つわけでもないし」と敬遠しがちですが、「急がば回れ」という言葉もあります。
 読む人によって響き方の異なる中国古典は、「すぐに役立つ」と宣伝されるハウツー本などより、じつはずっと即効性があり役立つと言うべきです。 ビジネスのうえでも個人生活のうえでも、判断や行動のモノサシとなるものだからです。
北尾 吉孝氏 SBIホールディングス株式会社CEO
北尾 吉孝氏 SBIホールディングス株式会社CEO

(プレジデント2007年7月16日号より)

聴いて学ぶ

「ビジネスで使える! 中国古典入門」ともすれば「難しそうだ」と遠ざけてしまいがちな中国古典ですが、耳から入ってくる「話し言葉」なら、意外なほどすんなり聴けてしまいます。 原文朗読がわかりにくければ、慣れるまでは飛ばして聴くのもひとつの手。 食わず嫌いの人にもおすすめです。

読んで実践する

誰もがわかる口語訳 + フリガナ付きの読み下し文。 読みやすく、わかりやすいテキストです。
主題の内容によっては、関連するエピソードや例話も紹介。いっそう理解が深まります。

>>テキストのサンプルはこちら(大きい画像が開きます)

さらに学びたい方へ、中国古典入門CD 5講座セット

006510[1]
「孫子」CD全4巻に加え、「老子」CD全4巻、「菜根譚」CD全3巻、
「貞観政要」CD全5巻、「韓非子」CD全3巻 の5講座が専用BOXに入った
大変お得なセットもございます。

定価¥110,000→専用BOX付で¥99,000
>>5講座セットの詳細はこちら

ISBN: 9784833465045

2007年10月02日発売 / 24,800円(税込)

目次