カテゴリ

イベント情報

アルバトロス・ビュー2018年10/11号 757号[綴込付録]

アルバトロス・ビュー2018年10/11号 757号[綴込付録]

A4変型 判( 218 頁)

2018年09月27日発売 / 650円(税込)

こちらからも購入できます

目次

【特集企画】
上手い人ほど真っすぐ打たない
攻めの“曲げ球”
トーナメント中継を観ていると、プロは真っすぐ打たずにどちらかに曲がる球を打つ。曲がっているのではなく、意図的に曲げているのだ。一方、ボクらは練習場でもコースでも「何で真っすぐ飛ばないんだ」と頭を抱える。真っすぐをイメージしているのに曲がってしまうため、当然OBもたくさん打つ。実はここにスコアが出る人と出ない人の大きな違いがある。上級者が『攻めの“曲げ球”』を打つ理由と、その打ち方を聞いてみよう。

【特集企画】
データでわかったパットの法則
事実43cmオーバーが一番入る
パットに好不調の波があるのは、感性や感覚だけで打っているのが原因かもしれない。今、世界で活躍するトッププロたちの入る確率をデータ化してみたら、43cmオーバーが一番入っていた。

【特別企画】
新ゴルフスタイル
キャンプとゴルフ一緒にやると3倍楽しい!
一見関係なさそうな2つだが、アウトドアで自然を楽しむのは同じ。もしかしたらと同時にやってみると、想像以上に楽しい! 1泊2日1ラウンドのライトプランから、2泊3日2ラウンドのヘビープランまで楽しみ方は自由自在。さあ、あなたもLet's try♪

【特別企画】
関西のゴルフ工房で密かに人気
クルマの“キズ消しコート”でHSが4m/s上がった!
クルマのキズ防止の「ガラスコーティング」がゴルフでも密かに注目を浴びている。一部工房では人気の施行で、「空気抵抗が減ってヘッドスピードが上がる」との噂をキャッチ。眉唾なのか、本当なのか、とにかく実験してみることに。

【金のアルバ】
中途半端な距離の打ち方がわかる
40、50、60ヤード マニュアル
フルショットはそこそこの精度で打てても、振り幅を少し抑えたコントロールショットになると、急にミスを連発する人は多い。グリーンに乗せたいけれども意外に難しい、40、50、60ヤードのコントロールショットをしっかり身につけて、目指せ80台!