カテゴリ

イベント情報

新装版 上司が「鬼」とならねば部下は動かず

新装版 上司が「鬼」とならねば部下は動かず

「いい人」でいたいと思ったら、部下も自分も伸びない!

強い上司、強い部下を作る、31の黄金律

四六 判( 264 頁)
ISBN: 9784833420419

2013年04月01日発売 / 1,512円(税込)

[著] 染谷 和巳(そめや かずみ)

1941年東京都生まれ。東京教育大学(現筑波大学)卒業。出版社、社員教育機関勤務を経て、88年、人材育成会社(株)アイウィル設立。代表取締役社長。上司としての考え方や行動の仕方、部下の指導法など、幹部教育の第一人者として活躍中。著書に『上司が鬼とならねば、組織は動かず』(小社刊)ほか多数。

目次

第一部――社員の意識を高める
1章――社員と社長の意識は、これだけ違う
2章――意識改革の入口は、まず言葉から
3章――「手取り二十五万円」の社員意識を変える
4章――金と物を離れた新しい価値観
5章――美への感性を磨くことで意識が高まる
6章――「強くあること」を最高の価値とした会社

第二部――上司自身の意識を変える
7章――なぜ下に甘い上司ができるのか
8章――やさしい係長と厳しい営業所長
9章――部下から「怖い」と言われる上司
10章――意識の低い幹部の言動に、社長は泣いている
11章――上司は、民主的意識を警戒せよ
12章――社長を理解し、その心を社員に伝える

第三部――組織人として上司がなすべきこと
13章――社員に礼儀と規律を強制せよ
14章――“管理する”とは、何をすることなのか
15章――命令についての基本認識
16章――報告についての上司の基本姿勢
17章――どうすれば統率力が伸ばせるか
18章――判断力と決定力
19章――部下の反発をはね返す行動力
20章――上の期待に応えて成果を上げる

第四部――部下の育成
21章――人材作りの第一段階
22章――人材作りの第二段階
23章――人材作りの第三段階
24章――人材作りの極意三ヵ条
25章――社員教育の発想は、間違いだらけ
26章――プラスの息をする社員を育てよ

第五部――強者の条件
27章――強さの二面、耐え抜く力と大義を貫く力
28章――サムライ部長が社長を変えた
29章――叩かれて、耐えきった者だけが強者となる
30章――戦う姿勢を確立せよ
31章――カッコウのごとく