カテゴリ

イベント情報

アルバトロス・ビュー2018年10/25号 758号[綴込付録]

アルバトロス・ビュー2018年10/25号 758号[綴込付録]

A4変型 判( 214 頁)

2018年10月11日発売 / 650円(税込)

こちらからも購入できます

目次

【特集企画】
速く振るより“厚押し”が飛ぶ!
効率よく当てたらHS42m/sでも250ヤード
ここ一番、“飛ばしてやろう”と力んで振っても、ボールは飛びません。大事なのは速く振るよりも、ヘッドをどのようにボールに“当てる”か。ボールを押し込むような“厚押し”なら、パワーが超効率的に伝わるから、HS42m/sで250ヤード以上飛ばすことができますよ。

【特集企画】
グリーン奥からピン近下りでダボ確定……からの
一発逆転! ベイビーロブ
アプローチが苦手な黒田カントリークラブが伊澤秀憲に弟子入り! 短い距離をフワッと上げて止める“ベイビーロブ”を教わることに。シャンク恐怖症でフェースを開けなくなった黒カンへのアドバイスとは?

【特別企画】
松山英樹も惚れ込んだ
腕利きクラフトマンのスゴ技でボクらはどれだけ変わるの?
クラブの工房やメーカーには目利き・腕利きの職人さんがいて、その人が手を加えたクラブは見違えるように生まれ変わる。でも、わかってはいても工房って敷居が高い……そう思っているアナタ、一歩踏み出せば、自分のゴルフが劇的に良くなるぞ。

【ギア企画】
タイガー・ウッズの復活はギアにあり
やっぱりパターはブレード型がいいの?
今季パターに悩んでコロコロ替えていたタイガーが、最終戦の「ツアー選手権」でついに復活優勝! その手には「全米プロ」で優勝争いしたマレット型ではなく、慣れ親しんだエースのブレード型パターが握られていた。ブレードとマレット、結局どちらを選ぶべきなのか、アマプロみんなで検証してみた。

【銀のアルバ】
つかまりをとことん追求した13本
「美」ドローが打てる最新ドライバー
スライサーにとって永遠の憧れ、ドローボール。右から左に曲がる美しい放物線は、大きな飛びと満足感を得られる半面、引っかけやチーピンのミスと隣り合わせだ。そこで最新モデルの中から、スライサーでも球がつかまり、なおかつ左へのミスが出ない“美ドロー”が打てるドライバーを紹介しよう。